納豆ミートソース

 

パスタ
『納豆ミートソースパスタ』
ええーーーっ何その組み合わせーーーーっ
という悲鳴が聞こえたようですが、気のせいですか?
昔昔、私は納豆が食べられませんでした。
というか
食べた事ありませんでした。(食卓に上がった事がなかったの)
モチロン存在は知っていましたが「くさい」のだ。という先入観で自分から食べようなどと思う事も無かったある二十歳の日の事
「成人したのだから好き嫌いを失くそうっ!!」と思いたったのですね。
で、まずは納豆をクリアしようと毎日のように食べ始めました。
はじめは食べにくかったですね。
あの糸が口の周りにまとわりつくのが気持ち悪くて気持ち悪くて。
そして極度の敏感肌ですからお醤油が付くとかぶれてかゆいの、なんの。
でも、好き嫌いをなくすのだっ!!という強い決心のもと、せっせと食べ続けたのでした。
そして3年後
気づいたら納豆が大好物になっていたんです。
そんな頃、通っていたハシヤというパスタ屋さんで見つけたのが納豆ミートソース
このハシヤ、ディチェコを使って作っているのに和風のスパゲッティー屋なんです。
確か練り雲丹を使ったスパゲッティーが一番人気だったように覚えているけど私がはまったのがこの納豆ミートソーススパゲッティー
同行者に引かれながらもよく食べたなぁ。そのくらい納豆も好きになっていたのよね。
そんな事をものすごーーーーーーーーーーーく久しぶりに、しかも突然思い出したので作ってみたの。めちゃくちゃ久しぶり。久しぶりすぎるっ。
で、お味は。
昔作っていたミートソースと違って最近は野菜とハーブがたっぷりなので納豆に負けちゃう感じで、やっぱり納豆ミートソースのミートソースはミートが買った味のソースでないとダメだな。と感じた暑い夏の昼下がり。
しかし、何で急に思い出したのかしら??
そういえばここのドレッシングにもはまっていたなぁ。もうあんな濃い味のドレッシングは食べられないかも。
パスタ
オマケ
納豆には葱&卵&いわしのおかかを入れてよ~く混ぜたのが一番のお気に入り
でも全くフォトジェニックじゃないので写真を載せる事は無いと思う。

塩レモンで手抜きフィデウア

 

6

最近流行っている塩レモン
今日はこれを使ってこれ以上は無いという手抜きで簡単に出来るお料理を紹介します。
まずは塩レモンの作り方
1、無農薬のレモン(皮迄使いますからね)が手に入ったら
2、4つ割にくし形に切って更に横半分に(8等分ね)切ります。
 (ま、別にもっと大きくても良いけど経験上この大きさが使い勝手がいいか、と。)
3、瓶に自然塩とレモンを交互にしっかり詰める。
4、そのまま置いて塩が溶けて来たら使い始める。
塩レモン
これは我が家の3年もの。
このくらい飴色になると独特の熟成香がして旨味が増します。でもフレッシュな出来立てもそれはそれで美味しい。
では手抜きフィデウア。
フィデウアと検索すれば私の友人の名前がトップに出る程、彼のシグネチャー料理です。
私も以前飲食店をしていた頃、彼からフィデウアを教えてもらいました。
(今、検索したら同じキャベツとサーディンがあった!でも作り方は違っててほっ。人のレシピ載っけちゃだめですからね。気になる方、彼のレシピはこちら
それからフィデウアは冷蔵庫にあるもので適当にぱぱっと作る私の手抜きランチに頻繁に登場します。
あ、週末の食卓にも時々作っているかな?
特に春キャベツの美味しい時期にオイルサーディンと塩レモンを使って作るこのフィデウアは私の大好物。
今日はこれ以上手を抜けないよ。という所迄抜いてみました。
もちろん、ヴァージンオリーブオイルやニンニク、ハーブを使ってもっと上品にも出来ますが
今日は最小限の手間です。
一応リンク貼りましたけど、ま、レシピを見る程複雑じゃないのでここで写真説明もしておきます。
写真、設定間違えて色が悪いですがお許しを。
2
材料です。
1
フライパンに刻んだキャベツと玉葱を入れて(レッドオニオンしかなかったので使っていますがモチロン普通の玉葱で大丈夫です。)
3
パスタをポキポキ折って入れて
4
オイルサーディンをオイルごとざばっと空けて
塩レモンも刻んでいれて
5
水(200ccくらい入れた)を入れて蓋をしてパスタの茹で時間程度中火にかければ出来上がり。
水が多かったらふたを開けて強火で飛ばせば良いし、少なければ足せばよし。
出来上がりに胡椒は引いたけど前もって鷹の爪忍ばせててもOK
お皿に盛ってパセリでもかけて召上がれ。
6
私はこのままフライパンから食べました。(とことん手抜きで行ってみました。)
両親には見せられないわね。こんな姿。(泣くよ)
良い子はまねをしないように。

乾燥空豆のラグー

 

パスタ
久しぶりにラグーを作りました。
今日のラグーは乾燥空豆を入れるつもりだったので
ベーコンを大量に入れて(ひき肉の半量)コクをだしてみました。
私のラグーはセロリや玉葱がたっぷり入ってるので後味がスッキリしていて
食べ過ぎても胃にもたれません。
さて、この乾燥空豆
空豆
自作です。空豆から。
月に一度の訪問農作業ですから
全ての野菜がタイミング良く訪問に合わせて育ってくれません。
この空豆も
この時に大量にあった『育ち過ぎの』空豆を干しておいたもの。
これがね、
すっごく美味しいっんですっ。
だからケチってちびちび使っていたもの。(あと1回分しか残っていない。涙)
なぜって?
だってね、
乾燥空豆、売っているのを見た事がないんです。
多分海外では普通に売られているものかも知れませんが
私、日本で見た事がないんです。
それに空豆は鞘の青いうちに収穫して食べるのが日本の主流ですから
完熟空豆なんて売っていないから
また手に入れたければ。。。。
空豆から育てるしか無い!のです。
あ~どこかに乾燥空豆売っていないかしら?
そうしたらもっと頻繁に食べられるのにな~。
パスタ
と、いう訳で
貴重な乾燥空豆入りラグーのパスタ、
大切に味わいながらワインとともに戴きました。(ランチだったけどね)
美味しかった~っっっ

豆乳スープそうめん

そうめん

『豆乳スープそうめん』←クリックするとレシピに飛びます。
こう暑いと食欲も落ちちゃいますよね~。
(それに男子サッカー、負けちゃったし。涙。涙。)
で、そんな時の救世主『そうめん』
でも、そうめんだけじゃ栄養が偏っちゃうわよね。
だけど、一緒に脂っこいものなんか食べられないじゃない。ね? 
このそうめんのスープ、すごくコクがあって美味しいの。
言ってみれば
”ベジ風豚骨スープ。”
もちろん豚骨なんて使ってないけどね。
途中でポン酢を入れるとまた違った味になって楽しめるわよ。
私は自家製の『青梅醤油』を入れたけど。
お試しあれ。