ラグビーバーガー?????

 

バーガー

 

すご~く久しぶりに出かけて来ました。

 

行ったのは

 

スケジュールスタメン

 

ラグビートップリーグ

 

 

ふふふ。

W杯からにわかラグビーファンになった私。一度生の試合を見てみたいと思ったら叶いました~。

Mさん、ありがとうございます。
生で見るラグビーはね、想像以上に肉弾戦でした。
思わず『OUCH!!』って叫びたくなる場面がたくさん。
一度なんてばっこ~~~んって殴った人がいて。
そうしたらレフェリーがキャプテン?を呼んでお話しして、次に当事者を呼んでお話しして、で、
SHAKE HANDSですよ。
美しいですね~。印象的なシーンでした。
さて、その初めてのラグビー観戦に持って行ったのが
食べます。サーディンとブルーチーズオムレツのベーグルサンド
(この私の写真はひどいからTOP写真を見てね)
自慢しちゃいますが、私、サンドウィッチが得意なんです。
以前経営していた飲食店で映画の撮影があったときにね、BLTサンドを出すシーンがあったの。
無事、お出して俳優さん(別所哲也さん)がカットの声がかかっても食べるの止めないの。で、
「すみません、これ、このまま食べちゃっていい??こんな美味しいBLTサンド食べたの、初めてだから」
って。
すみません、自慢しちゃいました。でも、撮影の合間合間に別所さんが美味しかった。美味しいよなぁ。なんて何度も仰ってくださったから本当だと思う。きっぱり。笑
anyway,
その自慢のサンドウイッチを今回はお気に入りのオイルサーディンを使って作りました。
サーディン
私のお気に入りのオイルサーディンはこれ。
以前、お仕事でこのオイルサーディンのお披露目会にケーキを作らせていただいて
ケーキそのときのオイルサーディンケーキです。
それ以来のお付き合い。本当に美味しいの。私はもうこれしか買っていません。
良かったら試してね。(一切マージンはもらってませんよ~)
なぜ、サーディンを使ったかって??
さーでぃん
。。。。。。似てない?缶の中のオイルサーディンと。like sardines

黒パン5号

 

焼いた後
完璧な焼き上がりと自画自賛していますがどうでしょう?
5回目にして漸く計量して作ってみました。
今後作り続けて変更点もあるかもしれないので
こちらでレシピアップしておきます。
黒パン
前回の捏ねた生地から取り分けた生地 20g
ぬるま湯  350cc
中挽きライ麦粉  250g
塩 大さじ1
中挽きライ麦粉  350g
打ち粉(同じくライ麦粉)少々
作り方
1、前回取り分けた生地をぬるま湯に良く溶かします。
2、そこに250gのライ麦粉、塩を入れ良く混ぜます。ベタベタした感じです。
3、そのままボールにラップをして一日置いておきます。
4、ブクブク泡立っているようだったら残りのライ麦粉350gを混ぜて形作ります。
(捏ねる、のではなくて万遍なく混ぜる感じ)
5、クッキングシートに打ち粉を全体に振って生地を置きドーム型に形作ります。
6、麻布をかけて一晩置きます。
焼く前
こんな感じでひび割れていたら
7、200度のオーブンで45分間焼きます。
8、焼き上がりは底をたたいてみて音の感じで判断するのですが、これがちょっと説明が難しい。。。普通のサワードゥなんかより重たい音なんだけど。。。
バター
で、色々な食べ方をした結果
シンプルにカルピスバター(無塩)に白トリュフ塩で決まり。
もうね、止まらないくらい美味しいの。
黒パン、最高!!!
あ、手順5の前に次の為のひとつまみを取り分けておくのを忘れずに!!!

黒パン3号、4号

 

3号
いい感じで亀裂も入り香りもバツグン!!
断面
切った感じもいい。
思わず「やった!!かも?」
と私を小躍りさせたこの3号
。。。。。。塩、入れ忘れました。
塩を入れ忘れたパンって正直たべられたもんじゃあない。(経験済み)
でも、黒パン、懐が深いです。とても。
何とか食べられる。(いえ、負け惜しみじゃなくてね)
ライ麦の味とサワーな風味が凄く美味しいからカバーしてくれるのね。
3号断面は素敵
で、登場したのは先日仕込んだ『イノシシパンツェッタ』
パンツェッタ
乗せて
4号仕込み
乗せて、
美味しい~。塩気と脂が合う!!
そしてもう一つのアブラ
今迄無塩カルピスバターを乗っけて満足だったけどバター
塩気を足すつもりで
バター
白トリュフ塩をひとつまみ乗せたら。。。
美味しい!!!!はまります。いえ、はまりました。この組み合わせ。
この調子でパクパク消費しちゃいました。
頂いた消費メニューの第4弾
『ブラックフォレストケーキ』を焼く前に消費しちゃったので(食べ過ぎ?)
黒パン4号を仕込みました。
4号焼く前
あら?思ったより亀裂が入らない。。。だけど香りはもう焼いて良し。って言っているから
4号
焼いてみました。
4号
切って
4号
試食して(あ~バター諸費ハンパない。)
ちょっと水分量が足りなかったけど
味は随分落ち着いていい感じ。
これはもう美味しいって人に勧められるという自信がついたので
ライ麦10kg大人買いしちゃいました。
このパン、捏ねた後の生地をひとつまみ取って置いて
次に焼くときはそれに水と粉と塩(忘れずに!)を足して出来上がり。
そして次の為にひとつまみ生地を取り置く。
このローテーションで出来るパンなんです。
何だか凄くシンプルでそんな所がお気に入りです。
第5号はキチンと計量して(今頃?)レシピに起こそうと思います。
黒パン、美味しい~。皆さん、食べに来てね。
ところで3/29日曜日、代々木上原で海佐逸されるイベントに参加します。
皆さん、遊びに来てね。
黒パン、出しちゃおうかしら??

黒パン作りにはまっています。 楽しい

 クリチ

先日、FBで黒パンの為の種起こししている方の記事を見て
そういえばこの時←のビールイーストをパンを焼こうと思って頂いていたのを思い出して
早速作ってみる事にしました。
でも、クラフトビールのイーストでのパンの焼き方なんて良く判らないから
ググってみて、で、全然見つからなくて。
じゃあライ麦100%のパンってどう作るの?ってググってみて
この方のこの作り方←をふんふんと読んで(今改めて読んで全然違っているやり方で進んでいた事が判ってのにビックリ。何しているんだ、私?)
とりあえず行き当たりばったり、ままよ。と黒パン作りに突入してみました。
まず、そもそもの最初の種の作りが全く判らん!
でも理想があるんです。それは
『ご飯を炊くように焼くパン。』
私、パンか麺が主食でご飯は殆ど食べないので(白いご飯は、です。)
日頃の”ごパン”を出来るだけ簡素化&高栄養素化したいのですね。
で、毎回計量して時間をみて行程を勧めて行くパンではなくて(これはすでに何種かルーティーンで作っている)
もっとおおらかにやって出来るパンをひとつカテゴリーに入れたいのです。
しかもお酒のつまみにもなれば言う事な~し!!!
で、黒パンに行き当たったのです。
1号
これが記念すべき第1号
素晴らしい亀裂の入り具合じゃあありませんか。
1号
『焼く前』
いきなり来た?出来ちゃった????
なんて期待を込めて麻布で包んで1晩待って切ってみたら
断面
ちょっと焼きが甘かったかも?と言う感じだったけど香りはバツグン。いいんじゃないの~~?
1晩待ってますからね。
もう鼻の穴膨らまして思いっきり香りを嗅いでから食べてみたら。。。。。
。。。。。
に、に、に、にっが~い。。。。
酸っぱい。のなら判る。そうありたいから。
でもにっが~い。
さすがクラフトビールイースト、しっかり自己主張しています。
が、苦いよーーーーっ
でも消費しなきゃもったいないですからFBで聞いてみました。で、頂いたアイデアで
黒パン救済メニューNo.1
チーズ
『チーズを乗せて焼いて胡椒とメープルシロップ』
素晴らしいっ!!!苦くな~い!!美味しい。
チーズ、懐深いわ~。そしてメープルシロップは鉄板ですね。
黒パン救済メニューNo.2
チーズ
『クロックムッシュー的なグラタン』
ココナッツオイルで作ったヘルシーベシャメルにチーズと卸立てナツメグ
ああ~。これも美味しい~。
でもココナッツオイルよりバターのほうが黒パンには合うみたい。
黒パン救済メニューNo.3
フレンチトースト
『フレンチトースト』
実はこれがアドバイス頂いた中で1番自分の中で????でした。
でも意外や意外、
過去2品を上回る素晴らしい出来!!!
黒パンがアパレイユに浸している間にボロボロになっちゃって焼くのに苦労したけど
無塩カルピスバターの焦げた風味に引き立ての黒こしょうの香りとメイプルシロップの甘みが素晴らしいハーモニー。
これは今後リピしますね。間違いなく。
こんな感じで遊んでいるうちに第2号も仕込みました。
2号
焼く前
2号
焼いた後
はい。殆ど変化がわかりませんね。
1号で味をしめた私はライ麦粉を中挽きに変えたんです。(1号は細挽)
その方がよりライ麦感を楽しめるから。
せっかくライ麦100%黒パン(売っている黒パンはもっとライ麦度が低い)を作るのなら
よりライ麦を味わいたい。
でもね、私は忘れていました。
荒挽き粉が水分を沢山所望される事を。。。
味はいいの。
香りも良いの。
でも、堅~っいっ!!
で、第3号
3号
焼く前
3号
焼いた後。
もうね、踊りましたよ。私。
完璧じゃあないですか。
くだんのブログによると代々受け継がれている黒パンの種を養子にいただいても5回は美味しくない。と書いてあったからそもそもの種から作っている私は10回くらいかかるのかしら?

なんて思っていたのに
出来ちゃったんじゃない?黒パン???
焼き上がってから一晩寝かさないとボロボロになってしまうのですぐに味見が出来ないのが残念!!!
で翌日ウキウキしながら切って食べてみたのです。
そうしたら!!!
(続きます)

Baking Day

 

毎週金曜日はベーグルの日
今朝もベーグル焼きました。が、この量!!!
パン
そう。
昨日は大量のパンを一日焼いていました。
バケット12本、ムチムチぱん 16本、ベーグル 16個、、、
他にもカップケーキ4ダース etc,,,
何の準備かと言うと今日、これから組み立てるのでまた明日にでもお伝えしますね。
本日は時間に追われているのでここまででごめんなさい。
パン
んんん?端に見えるのは。。。。???
クッキー
来ると思っていました。このオーダー
というか、
今迄来なかったのが不思議。ようやく来た。って感じ。
今日が楽しみ。💓

さばだ、さばだ、サバだ。

ムチムチGFパン

昨日話したこのグレープフルーツ入りのムチムチぱん。
ある物を挟みたくてグレープフルーツの砂糖煮を入れたの。
って、タイトル見れば分かるわよね。
そう、サバ
青魚好きな私。トルコのサバサンドも大好物
(って本物、食べた事ないけど)
新鮮なサバと目が合った時にこのムチムチぱんでサバサンドを作ろうって思いついたの。
で、パン生地を仕込んでいるとき、ふと
先日作ったばかりのグレープフルーツの皮の砂糖煮を入れる事を思いついたの。
(夏みかんを頂いた後に今度は自家製?の無農薬グレープフルーツを戴いたので皮を砂糖煮にしてとってあった)
塩レモンを使う様な感じ。とでもいえばいいのかしら?
とにかく仕込んでいる時も焼いている時もグレープフルーツのいい香り
それで確信したわね。これは間違いなくイケル。
サバサンド
『Mackerel sandwich』
塩をして一晩寝かしたサバを焼いてサラダ菜、チコリ、玉葱のスライス、パクチーと挟んだだけ。バターもマヨもなし。サバに充分油があるからね。
サバサンド
トルコのヨーグルトドリンク『アイラン』も一緒に
このアイラン、暑い夏の水分&塩分補給にぴったりですよ。
ヨーグルトに水と塩を入れてよ~くシャカシャカするだけ。
さっぱりして美味しいです。お試しあれ。
で、このサバサンド
も~う、大変おいしゅうございました。
グレープフルーツが素晴らしく控えめに(ここ大切)効いていて最高でした。
サバ寿司
残った半身は酢で締めてサバ寿司に~。
先日つくった赤紫蘇ジュースの副産物、紫蘇の葉のすし酢漬けを刻んで混ぜ込んだご飯使用
大変美味しくいただきました。幸せ。
グレープフルーツの皮といい、赤紫蘇の葉といい、ゴミにしなくて良かった。とつくづく感じた日でもありました。

最近のぱん

 

相変わらず毎日パンを焼いています。
「パンって太る。」って言うけど自分で作ればどんな物が入っているか分かるし
砂糖やバターを減らした菓子パンだって出来るから「そうでもない」んじゃないかなぁ。
とぽっちゃりした自分の身体に目を背けてあえて言ってみる。
だって、パン好きなんだもの。
そんなパン好きがお送りしている最近のパン達です。
『Sweet Roll on Monday&Tuesday 月曜日と火曜日は菓子パンの日』
プルーン
『Prune puree roll プルーンのピュレのロール』
底にも上にもお砂糖かけたけど甘さが丁度いい感じに仕上がった。
鉄分も食物繊維もバッチリ
ロール
『Peanuts butter & honey & cream cheese ピーナッツバターとハチミツとチーズのロール』
甘さ控えめのピーナッツバターに控えめのハチミツが優しい感じ。チーズもマストな感じ
ピーナツバター
アップも~💓
オレンジ
『Orange Zest & W chocolate オレンジの皮とWチョコレートのロール』
鉄板の組み合わせのオレンジの皮とチョコレート。でもひとひねりはホワイトチョコレートを入れた事。WチョコのW はブラック&ホワイトです。
ホワイトチョコのミルキーさが良い~。
アップ
仕上げにバターを塗ろうと思ったけどチョコレートのカロリーを考えてストップ
でもこれが返って良かった。ホワイトチョコのミルクの味を殺さなかった。まあ、見た目はともかくね。
このロール生地、ふあふあ~っと柔らかいのに何でも包み込んでくれる懐の深さを持っている。
凄く優しい味だから繊細な組み合わせの妙を楽しんで作っている私には本当に頼もしい味方。
まだまだ巻き込む材料は沢山思いつくだろうからこの生地に出会えて良かった。
どれも1個300円です。
『pretzel on Wednesday 水曜日はプレッツェルの日』
プレッツェル
『Plane pretzel』
これがベーシック
でも、ふと成形を変えると食感はどうなるんだろう?と疑問が。で、変えてみた。
プレッツェル
『Other shaped Pretzel 』
ドーナツ型のねじねじにしてみたらクラストのカリカリ感が増していい感じ
でも全体がふわっと優しい感じになった。これはオリジナルの方が好き。
この形、以前トルコのパンシミットを作った時のをまねて作ったんだけど
しミット
この手前ね。
でも今回のプレッッェル生地で作った方がシミットぽいと思った。
今度、仕上げにごまを乗せて確認してみよう。
1個250円です。
『Chewy inside Brown Bread on Thursday ムチムチぱんは木曜日』
ムチムチ
このムチムチぱん。白ぱんのでも良いけど
ムチムチ
全粒粉タイプの方が食感のムチムチ感をより良く受け止めてくれるみたい。
名前とおりムチムチしたぱん。これはサンドウィッチにするのが凄く合う。
何挟んでも受け止めてくれる、これまた頼もしいパン
1個 250円
ふと、あるものを挟んでみたくなって作ってみたのが
ムチムチGFパン
『Candied Grapefruit zest Chewy Brown Bread グレープフルーツの皮いりムチムチぱん』
これが大成功!!!
その話しは次回
1個 300円
『NY style Bagel on Friday  金曜日はベーグルの日』
ベーグル
ベーグル
plane 200円
cheese 250円
other 300円
NYで食べていたベーグル恋しさで始まった私のパン焼き生活
もう、このベーグルなしでの毎日は考えられましぇ~ん。
Beagle LOVE 💓
他にも気まぐれで
バケット
Baguette 200円
などなど。
毎日1、2種類しか焼けませんけど、楽しんで作っています。
パン焼き楽しい~。
次なる何でも受け入れてくれるスター級のパン生地を産み出すのはいつだ?!

パン焼きにはまるとランチはこうなる

 パン

どうにもパン焼き熱が冷めない。
結果
最近の私のランチがパン食となってしまっている。
いえ、
パン好きだからいいのよ。
だけどね、
発酵玄米も食べたいじゃないの~。(両方食べるか?)
そんな日々のランチ写真を並べてみました。
日付順じゃないし、そしてやっぱり5分でつくれる時短(手抜き?)食ゆえ
写真もざくっと記録に残す為という乱雑さ。(そして食べるのはもっと雑に”ながら喰い”
素っ気ない内容&写真ばかりでごめんなさい。
まあ、比較的ちゃんとしていそうな日から
ベーグルサンド
『ベーグルサンド』
これはオートミール入りのベーグル
サラダ菜と茄子のマリネと生ハムを挟んで
NYのデリのようにワックスペーパーで包んでから切ると食べやすい。
後ろにあるのはMILLEのディジョンマスタード(粒じゃないわよ)
私、サンドウィッチには必ずコレ。フレンチフライもコレで食べます。
だからいつも一番大きい瓶で購入します。
ムチムチサンド
『ムチムチぱんサンド』
ムチムチサンド
中身入れ過ぎ!ね。
切り干し大根のイタリアンオムレツとサラダ菜とルッコラ
切り干し大根をブイヨンで煮てイタリアンオムレツに入れるの、好きなの。
しかも2cm幅の幅広切り干し大根を愛用しているから歯触りとてもよろし。
バケットサンド
『バケットサンド』
バケットは断然クラストを食べたい私
(ちなみに角食も端っこが好き。あ、のり巻きも!)
よってバケットはかなりスリムなプロポーション
今回は
アップ
ハツのコンフィをホワイトセロリと挟みました。
レバーペーストをつくるとハート💓部分が残るのよね。
そうしたらすかさずコンフィーにしておくとおつまみにもなるし時にはこんなサンドウィッチにもね。便利
このサンドウィッチ豆みたいじゃない??
そう思ったら豆が食べたくなって
サラダ
慌てて作ったサラダ
ここの所栄養バランスが悪くて少しめまいがしたから完全栄養素の卵も乗せておいた。
だって
バケット
『マーマレードとブルーチーズのバケットサンド』
最近毎日こんなの食べてたんだから(すごく美味しいけど)栄養のバランス悪いハズ!!

日替わりパン

 

プレッツェル

東京も今日梅雨入りしました。
これから蒸し暑さ~夏本番まであっという間に過ぎて行くんでしょうね。
お菓子作りには厳しい季節になりました。
でも、反対にパン作りには良い季節になりました。
発酵器のないわがアトリエでは発酵は室温まかせ
当然、気温が上がればその分発酵に適した温度になってくれるのでパン作りがサクサク進んで楽しい~。
サクサク出来るから時々ヘンテコな物も挑戦したり。
私、お鮨以外では殆ど白米は食べないのです。主に玄米(今は発酵玄米にハマり中)
でも本当はパンが大好き。
以前はアチコチのパンを買い食いして愉しんでいたけどアトリエを持ってからは自作する事がほとんどになりました。
という訳で平日1時間だけの出店でも販売しています。
今日はそのパン達を紹介させて頂こうと思います。
『月曜日、火曜日は創作パンの日』
チョコツイスト
チョコレートツイスト 300えん
ロール
チョコクリームロール 300えん
シナモンロール
アップルクランブルロール 300えん   (見えにくくてごめんなさい)
お好みロール
お好みロール 300えん
これ、チキンとお好み焼きの具を巻き込んだ物だけど
成形はこれじゃなかった。
ポロポロ具がこぼれ落ちて食べにくい~。汗
次回(いつだ?あるのかしら?)は別の形で成形します。
ふきのとう味噌
ふきのとう味噌とチーズのロール 300えん
これはもの凄く美味しかった~。
春に作ったふきのとう味噌(味噌も手作りです)がある間はリピート出来る。嬉し。
『水曜日はプレッツェルの日』
プレッツェル
プレッツェル 250えん
もう自分が食べたい余りに作ったプレッツェルですもの。
味や食感はすごく満足の出来上がり。
後はもう少し成形をぽく(?)したい。
『木曜日はむっちりパンの日』
全粒粉パン
フラックスシード入り全粒粉パン 250えん
これが基本形。そのままでもサンドウイッチにしても美味しい。
チーズパン
チーズスティック  1本300えん、 2本500えん
こんな風にチーズパンにして焼くときも
時間があれば
サンドウイッチ
オイルサーディンとキャベツのサンドウィッチ 600えん
サンドウィッチを作って販売するときも。
そして
『金曜日はベーグルの日』
ベーグル
ベーグル プレーン200えん、 チーズ 250えん、具入り 300えん
私のベーグルはNYサイズ。おっきいです。
食感はむちむち系
全てのパンは配送もしています。
焼き立てを冷凍して送料着払いで送ります。(8個以上)
添加物の全く入らない安心して食べられるパン
シンプルですがどれも美味しいですよ。 
実家の両親にも毎月パン便を送っています。
両親のお気に入りはベーグル。老夫婦がもぐもぐベーグルを食べている姿は微笑ましいですよね。
よく噛む事はボケ防止にもなる。と言いますから私は密かに『能トレパン』とも呼んでいます。
犬達の病気で帰省も難しくなった今、こうして手作りのパンやお味噌などを送ることが少しでも親孝行につながればと思って(願って)いるので自ずとパン作りにも力が入ります。
(また、私の母が褒め上手~。ありがたい。)

プチ ごまパン

 

ぷちごまパン
『petit sésame bread』←クリックするとレシピに飛びます。
いつもお食事に合うようにリーンなパンを焼きがちな私ですが
白すりごまが沢山あったので
たまにはバターやミルクの入った柔らかいパン生地に
このすりごまをたっぷり入れたら美味しいだろうな~と思って作ってみました。
成形しようとして
ふっと思いついたまま小さな小さな形に丸めてみたら
何とも愛らしいパンになりました。
軽くてやさしい味で
ぽんぽん、いくつも食べられちゃいそうで
ある意味危険なパンです。笑。
止まらな~~~~~~い。笑。