マッサージ

ソル

 

ヨガのつぐみ先生は時々アトリエに遊びに来てくれます。
目的はコロニータとソルのお相手
特に最近は私がコロニータにかかりっきりになる事も多く
ソル君はいつも愛に飢えている状態
だから大好きなつぐみ先生が来ると猛ダッシュで玄関まで迎えに行きます。
目が見えなくてもつぐみ先生は判るみたいです。
今日はつぐみ先生のご主人も来て下さいました。
ご主人はプロの鍼灸師
先日コロニータが生死の境をさまよったのを聞いて心配してくれていたのです。
さっそく
ふたり
ふたり
ふたり
マッサージを始めてくれました。
はじめ緊張ぎみだったコロニータもすっかり力が抜けて
コロ
こんな子供のようなリラックスした顔に。
マッサージ
マッサージ
マッサージ
心を込めて丁寧に丁寧に身体をほぐしてくれました。
先日、改めて心臓医の先生に言われましたが
コロニータが急遽酸素室に入院となった時
先生はもうダメだと思ったそうです。
大抵の子はあの状態になったら力尽きてしまうのだとか。
だから今、コロニータが自分でご飯を食べられる迄回復出来たのは奇跡なんです。
コロニータが入院した時、私は藁にもすがる思いで
FBやメールを通じて友人達にエールを求めました。
そして凄く沢山の友人がコロニータの為に祈ってくれました。
レイキの出来る友人が遠隔で1週間毎日レイキを送ってくれたり
年老いた両親も神社参りを繰り返してくれました。
つぐみ先生もご主人も祈ってくれ
こうしてマッサージをしに来てくれました。
沢山の方達のおかげで生かされている命
私はこれからもしっかり最後迄出来るだけの事をコロニータの為に、そしてソルの為にしてあげようと思っています。
多くの愛ある皆さんに改めて感謝します。ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
ソル
ソルもつぐみ先生のお膝で幸せ一杯💓

いくつになっても

 

サッカー、なんとかW杯出場を決めましたね。
しかし、ドキドキしっぱなしの試合でした。
気づいたら、泡1本飲んじゃってましたけど、全然酔いませんでした。笑
そんな私の横でチワワズは我関せずでラブラブムード
チワワズ
今日はコロニータがソルの耳掃除を始めました。
チワワズ
念入りに、念入りに、
チワワズ
コロニータ、顔が恍惚としています。
チワワズ
ソルは解るけど何故やってあげているコロニータも気持ちいいのかしら?
私の一番好きな時間
こうやって2人(匹)がベタベタ仲良くしてくれるのが凄く嬉しい。
って、11歳と9歳の中年ですけど。笑
でも、これが人間だったらかなりヤバいですよね?
良かったね。犬で。
そして
チワワズ
揃って眠りに落ちる。。。。
いえ、何て事ない事なんですけど、
横でヒヤヒヤTVでサッカー観戦しているのに
我関せずの2人に癒されましたよ~。いつものように。
今日は何て事ない話しでしたね。
でも、この2人のおかげで頑張れるのは本当。感謝しています。

最近のチワワズの事

 ソル

家のチワワズはもういいお年頃。
11歳のコロニータは今年の始めに乳がんの摘出手術と一緒に
卵巣と子宮も摘出したんだけど(今後のリスクを避けるため)
それ以来、なぜか若返ったかのように元気になったの。
で、近頃はあまり遊ばなくなっていたおもちゃとも
俄然、張り切って遊ぶようになりました。
相変わらず食欲も旺盛だし、まだまだ元気いっぱい。
あ、でも、堅いおやつは食べられなくなったなぁ~。
後、フードの食べ方が少しゆっくりになったかも。
コロニータ
「野菜もフルーツも大好き。」
一方、9歳のソル君は
昨年から恐れていた持病の再発があって、
それからステロイド剤をずう~っと飲んでいるのよね。
傷が良くなったと思ってステロイド剤を減らすとまた出血。
で、またステロイド剤の量を増やす。そしてもういいかも?と減らすとまた。
の繰り返し。
まあ、ステロイドの影響でお腹がすくらしく
フードをチャンと食べてくれるのは良いんだけど
(ソルは歯も随分抜けているのでふやかしてあげないと喉に詰めちゃう)
ソルの持病についての記事 →その1
           →その2
           →その3
とにかく出来るだけ目を配って小さな変化を見逃さず
病気がひどくなる前に薬で押さえ込んであげねば。。。。。
そして出来れば一日も早くステロイド剤を卒業させてあげたい。
ソル
薬の影響なのかなぁ~、お散歩もしたがらなくなったのよね。
ソル
「ソルも野菜とくだもの大好き」
歯がないのでこの後小さくちぎってからあげました。
ただね、
コロニータとソルは凄く仲良し。
コロニータはいつだってチャンとソルの面倒をみてる。
そんなしっかり者のママがいつもそばにいるからか
ソル君は9歳の今でもよく赤ちゃんに間違えられます。
ソル
このうるうる瞳だものね。
一日でも長生きしてね。ちゃんとお世話するから。

コロニータとソルの病気の事

昨年末から次々に起きちゃった出来事、

コロニータとソルの病気の事を記録の為に残しておきます。
長文になります。御容赦を。
 まずはソル君、

昨年暮れのある夜、私の膝に慌てて飛び乗ったと思ったら肛門線が突然爆発しちゃったの。
4日前にシャンプーしてもらった時にきっちり絞ってもらったはずなのに。
これは前に病気になった時と全く同じ始まりの兆候。もしかして再発?
その時の記事 嬉しい兆候1
不安に思いながらも病院に連れて行って抗生物質を飲ませていたら何とか傷が回復。
先生も前の病気とは関係ないのかも知れないと仰ってくれて
やれやれ、再発は考え過ぎかも。と思っていたら
コロニータが乳腺炎に。
全部のおっぱいから血の混じったおっぱいが出てくる。
今度はコロニータに抗生物質を投与し始めたら、、、、
いきなりおっぱいにしこりが出来た。
幸い針で組織を採って検査に出すと良性とのこと。
でも腫瘍は無くなる物じゃないし、将来ガン化する恐れもあるので採った方が良いし
ホルモンの影響もあるから子宮と卵巣も採った方が良い。という先生のお話が。
これには凄く悩みました。
一番怖かったのは麻酔の事。
コロニータは11歳。もう若くはないのに麻酔に耐えられるのかしら?
しかもお腹を2カ所も切るなんてダメージはどうなのかしら?
答えが出ないからコロニータに何度も何度も聞いてみたんだけど
もちろんコロニータが話してくれるはずもなく
マジメに、なんとかして動物と話せるハイジ(志村動物園の、ね)に連絡が取れないかと
それは真剣に考えましたね。
(実際はいつも見てもらっている占いの先生に観てもらった)
で漸く手術の決心をしたら、
ほっぺを血だらけにしたソル君が私の足下に。!!!!
私の仕事中はアトリエの犬部屋(があります)から勝手に出て来る事なんてないのに
いきなり足下をウロウロしているソル君を見つけ、どうしたの?って見たら血だらけ。
ビックリしてわなわな震える体でソル君を抱き上げてダッシュで病院に
どうやら出来物が出来て爆発しちゃって出血した為と判明。
先生には針で組織を採って検査する事を勧められたけど、喉の側だけに危険も多く
麻酔をしなければ無理と聞いてまたまた悩む事に。。。
すでにソルはNYで痛い思いを沢山しているし、それに組織を採っても前の難病だったら
原因も治療法もない訳だし。。。
で、結局またまた抗生物質で様子を見る事に。
そんなバタバタしているうちにコロニータの手術の日がやってきたの。
朝ご飯抜きで病院に連れて行かなきゃならないからソル君もお付き合いしてもらって
二人とも朝ご飯抜き。
か~たん何か忘れていない???と何度も私を見るコロニータの目を避けつつ平静を装いつつ、、、でも私の心の中は泣きたいくらい不安でいっぱい。
そんな気持ちが伝わったのかすっと静かな目になったかと思うと先生に抱かれて診察室を出て行きました。
手術は成功。
取った組織は病理検査に出しました。そうしたら、これがまさかの初期がん
そう。コロニータは乳腺炎ではなく乳がんでした。
幸い、ガンは1カ所(犬は沢山おっぱいがありますから)だけだったので
今後も気をつけて見守って行く事になりました。
一方、ソル君
のどに出来たのはやはり持っている持病『無菌性脂肪繊炎』でした。
これからステロイドと抗生剤で気長に病巣退治をしなければなりません。
過去に沢山のステロイドを投与してきたソル
慎重に最小限しかし効果のあるギリギリの量のステロイドを処方して頂く必要があります。
またまた病気との戦いが始まったのだ。しかも今度はコロニータまで。
そう思うと落込むほど悲しい状況でしたが
この時は2014年の2月
この御、どんどん状況が悪くなってくるなんて、考えても見ていなかったのでした。

親ばか日記

 

まあ、何て事ない親ばかっぷりを露呈するだけですけど。。。。
動物病院が移転してトリミング室が待合室から見えるようになったので
今迄『シャンプーに預けて後でお迎えコース』だったのに
今やトリミング室にへばり付きで
一部始終をニマニマしながらかぶりつきで最後迄立ち合っている私です。
トリマーさん、いやだろ~なぁ~。。。
でもね、濡れねずみのコロニータとソルが可愛いの~。
ソル
『あ、か~たん』↑ソル君です。
ソル
『mmmm…..ドライヤーいやでちゅ』
ソル
『ひえ~
ソル
『顔は止めて』
ソル
『いやでちゅーーーーっっっ』
ソル
『ひ、ひえ~~~~っ』
ソル
『あ、ここなら隠れられるかも。。。』
ね。可愛いでしょ????
一方コロニータさんは
コロニータ
あ、顔シオシオだわ。。。。。
コロニータ
腰も引けてる。。。。
家のコロニータとソルはドライヤーが大嫌い。
見てて気の毒なくらいガタガタ震えてます。
で、それをニマニマしながらかぶりつきで見ている私。
鬼?

寝てる訳にはいかぬ。

オリンピックも終盤に差し掛かってきました。
私が一番注目しているのはサッカー、『なでしこ』です。
強いわよね~。彼女達。
技術だけじゃなくて心も気持ちも強いっ。
我が家でも毎回ユニフォームに着替えて応援しています。
とはいえ試合は深夜に行われるので
お昼寝で体力温存です。
ソル
ソルもぐっすり。
コロニータ
コロニータもぐっすり。
よし、これで深夜に目覚ましをかけて、試合前から意気を高めます。
コロニータ
コロニータも眠い目を凝らしてTV画面を。。。。
コロニータ
あ、落ちた。。。。
ソルは?
ソル
あれ?寝てる?
ソル君、もうすぐ始まるよ~!
ソル
。。。。落ちっぱなし。。。。
Anyway,夜な夜なオリンピック観戦は止まりません。
そして翌朝、
朝
わずかな木漏れ日もオリンピック時差解消のため見逃さない二人。
でも、
ねむい。
眠そう~。
頑張れっ!日本!頑張れコロニータとソル!!!

親ばか

まあ、ペットを飼っている人のほとんどが”親ばか”だと思うけど、
そして今日の記事はペットの居ない人には「何のこと?」
って感じかもしれないけど、ま、軽くスルーして下さい。
我が家のチワワ’ズは定期検診も勿論、シャンプーも、お泊まりも
すべて動物病院でお願いしています。
最近、その動物病院が引っ越しして(といっても道の反対側)
院が新しく新築になったんです。
そうしたら、
今迄処置室の奥にあったシャンプールームが
待合室から見える場所になって
コロニータとソルのシャンプーシーンがライブで見られるようにっ!
シャンプーこんな感じ。
シャンプー
あ、こっちを見たっ
もう少し寄ってみよ。
シャンプー
シャンプー
コロニータは私に気づいているわね。
シャンプー
ソル、顔が必死。緊張のあまり舌出てる。汗。
シャンプー
なんかピンぼけ写真ばっかりで申し訳ないけど、
で、他の人には全然面白くないだろうけど、
私にとって、何度見ても可愛い~姿なのでした。
ソル
もう、はやくおわってほちいよ~涙。
コロニータ
余裕に見える?私のシッポ思いっきり下がってますから。
でも、新たな発見も。
コロニータもソルもシャンプーは気持ち良くて好きなんだろう、って思ってたけど、
ふたりとも思いっきり嫌がってる。汗。
ソルはずっとガタガタ震えっ放しだし、
コロニータもきゅんきゅん鳴いてた。。。。。
シャンプー、私が自宅でしてあげようかなぁ~。

さくらんぼ

さくらんぼ

さくらんぼ頂きました。
我が家のチワワズは野菜とフルーツが大好き。
だから、
こんな頂き物は、もちろん彼らも 御相伴にあずかる事になる。
が、
ただあげるのはつまらないので(←意地悪)
ちょっとじらしてみる。
コロニータ
スグ貰えないのに見ているのが辛いのか、視線を外すコロニータ。
なおもじらしていると
コロニータ
もう、座っているのも辛く、長期戦と見て伏せてみる。
。。。みたいけど、みれない。
あ~でも、見たい。ような。。。。(困惑)
あ~すいません、すいません、
こんないじわるなか~たんですいませんっ。
でも、この、見たい、けど見れなくて目をそらしているのが
可愛くって堪らないか~たんなのです。
コロニータ
もうっ、勘弁してよ~。
ソル
ぼくにもくれまちゅよね?
うんっ、皆で仲良く頂きましょう。

看板犬

 

平日のお昼12時~13時の1時間だけ、
アトリエ1階でお菓子のワゴン販売をしているんですが、
ワゴン
最近、暖かくなった事だし、ちよっとお手伝いしてもらおうかと、
看板犬
こんな感じでご一緒してもらった所。。。
「かわいい~
「さわっていいですか~
と、いきなり人気者。
皆さん、犬ばっかり見て、肝心のお菓子を見てもらえない。
というデメリットはありますが。。。。
正直、もの凄く嬉しい。
はい。親ばかです。
あくび
『もうっ!早くお散歩につれていってよーっ』
『たいくつゅでちゅ~』

趣味or実用???

いつものお散歩道でこんなもの発見。

彼岸花彼岸花。

この花を見るとって感じしますよね。
でもこの花、秋になると突如として現れるけど、
どなたか種でも蒔いているのかしら???


涼しくなってくると家のチワワズ達も
コロソル夏バージョン

            
コロソル秋秋バージョン

こんな風に変化します。

ええ、洋服を着用します。

『犬に洋服なんて悪趣味!』って、たま~に仰る方、いますけど、

洋服着ないガタガタ震えて散歩どころじゃない。んです。
家のチワワ達。

チワワはメキシコ原産なので比較的暑さには強いのですが
寒さにゃ、弱い、弱い。
笑えちゃうくらいガタガタ震えて、
足、空に浮いているんじゃないの?ってくらい。

つまり彼らにとって洋服は実用品なんです。

決して私の趣味だけではありません。

まあ、それでもどうせなら”かわいく”という親心もある訳でして、
私のこだわりはなにげなくお揃い
まったくお揃いの服を着せる事は珍しく、
雰囲気を揃えて着せるのがお気に入り。

って、結局私の趣味じゃんのりつっこみ)

待て
『か~たん、ぶつぶつ言ってないで早くリリースしてください』
『でしゅ

これは散歩から戻って足を洗ってもらうのを玄関先でじっとまつ2人2匹。

我が家では何をするのでも先住犬であるコロニータが先なんですが、
最近、コロニータの足を洗っている間中、ソルが
『きゅう~ん、きゅう~ん』と
何とも切ない声で鳴くんです。。。。。何でだろ?
前はそんな事、なかったのにな~。。。。
そういえば、以前から臆病だったけど、
最近、その臆病ぶりに拍車がかかって来ているっ!!!何でだ?

コロニータ

『えーっと、か~たん、そろそろ足、洗ってくれませんかね?』

あ、そ、そうだねっ

臆病だろうが趣味だろうが、そんな事、別にどーでもいいよね。

ただただ元気で長生きしてくれればか~たん、満足です