マッサージ

ソル

 

ヨガのつぐみ先生は時々アトリエに遊びに来てくれます。
目的はコロニータとソルのお相手
特に最近は私がコロニータにかかりっきりになる事も多く
ソル君はいつも愛に飢えている状態
だから大好きなつぐみ先生が来ると猛ダッシュで玄関まで迎えに行きます。
目が見えなくてもつぐみ先生は判るみたいです。
今日はつぐみ先生のご主人も来て下さいました。
ご主人はプロの鍼灸師
先日コロニータが生死の境をさまよったのを聞いて心配してくれていたのです。
さっそく
ふたり
ふたり
ふたり
マッサージを始めてくれました。
はじめ緊張ぎみだったコロニータもすっかり力が抜けて
コロ
こんな子供のようなリラックスした顔に。
マッサージ
マッサージ
マッサージ
心を込めて丁寧に丁寧に身体をほぐしてくれました。
先日、改めて心臓医の先生に言われましたが
コロニータが急遽酸素室に入院となった時
先生はもうダメだと思ったそうです。
大抵の子はあの状態になったら力尽きてしまうのだとか。
だから今、コロニータが自分でご飯を食べられる迄回復出来たのは奇跡なんです。
コロニータが入院した時、私は藁にもすがる思いで
FBやメールを通じて友人達にエールを求めました。
そして凄く沢山の友人がコロニータの為に祈ってくれました。
レイキの出来る友人が遠隔で1週間毎日レイキを送ってくれたり
年老いた両親も神社参りを繰り返してくれました。
つぐみ先生もご主人も祈ってくれ
こうしてマッサージをしに来てくれました。
沢山の方達のおかげで生かされている命
私はこれからもしっかり最後迄出来るだけの事をコロニータの為に、そしてソルの為にしてあげようと思っています。
多くの愛ある皆さんに改めて感謝します。ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
ソル
ソルもつぐみ先生のお膝で幸せ一杯💓

孔雀会

 

サラダ

女子5名様の貸し切りの食卓を開催しました。
その名も『孔雀会』
なんと、幼稚園からのお付き合いだそうで定期的に会合?交遊会?を開いているそうな。
で、今回は私の食卓を指名して下さいました。
幼稚園から”ん10年あまり”のお付き合いなんて
地方出身者の私からしたら羨ましい限りです。
そして実際凄く良い関係でした~。羨ましい。(←何度言う?)
お互いの事を知り尽くした上で遠慮のない(ような)心ある言葉のやりとり
いや~気持ちの良い一夜でした。
こんな友人関係、私にはないなぁ~。と少し寂しくなったくらい羨ましかった~。
凄く良いなぁ『孔雀会』
お料理は女子会なのでカラフルな野菜料理をメインに
食物繊維、イソフラボン、コラーゲン、発酵酵素などなど『美』に繋がるよう心がけました。
きっと翌朝、その効果を感じて頂けたんじゃないかしら???
では説明させて頂きますね
先
はじめ大皿に盛った前菜類を直前に各自のお皿に盛り直しました。
何故なら
久しぶりの定例会、まずは会っていない時間のアップデートが第一優先
そのタイミングで食べるものを選ぶ労力を使って欲しくないなぁ
近況をしゃべりながらも夜遅い(20時スタートでした)食事をスムースにスタートして欲しい。
そう急遽思って変更したものだからお皿のプレゼンテーションも中途半端で
先
空いた場所にムチムチぱんを置いてもらって何とか一皿目が形になりました。
全体
他には左下から
『赤ピーマンのオイル煮』
『秋刀魚のロール』(写真に写っていませんね。1枚目の右奥にかろうじて写っています)
『自家製ツナのチコリボード』
『コブサラダ』
『大豆のケーキ』
『チキンサテ/自家製ピクルス』
メイン
『豚軟骨のトマト煮』
『トルコピラフ』
合わせたワインは
ワイン
左からイタリア、フランス、チリ
そして、そして。。。。
プリン
出し忘れたデザート
『キャラメルココナッツミルクプリン』
これは未だ建築中のレシピ
味は充分美味しいけど作り方を時短出来るように考えているもの。
すっかり出し忘れちゃいました。ごめんなさい。
デザートを出し忘れこそしましたがお料理はタップリ作ったので
残ったものは皆さんにお持ち帰り頂きました。
嬉しい事に皆さん競うように取り分けられ、後には空っぽになったお皿達だけが残され
後片付けをしながらも何とも幸せでした。
やっぱり私は人の為にお料理作るの好きだわ~。
貸し切りの食卓はお一人様4,000円から~ミニマム20,000円です。
よろしければどうぞ。

9月のお料理教室

 

全体
睡眠不足でヘラヘラでしたが昨日の記事に書いたように
貸して頂いた骨盤ベルトのサポートもあり無事乗り切れました。
と言うより
何時もに増してノリノリで楽しく出来ました。
参加して下さった皆さん、ありがとうございます。
そして美しい写真を撮ってくれたMさん重ね重ねありがとうございます。ペコリ
さて、今月のメニューは
メイン『チキンサテ ピーナッツソース』
前菜『グリンピースのクロスティーニ』
野菜『サラダピクルス』
パン『ムチムチぱん』
デザート『ココナッツミルクプリン』
サテ
『チキンサテ』
お肉から切り出して皆で串刺し
ストッパーが良い役目を果たしてくれます。
そして簡単な材料の組み合わせで本格的なソースも。
豚肉にも、生春巻きにも、焼き野菜にも、このソースひとつでエスニックの出来上がりです。
クロスティーニ
『グリンピースのクロスティーニ』
冷凍グリンピースが簡単な組み合わせであっという間に色も鮮やかなパテが出来ます。
食卓はぱっと華やかになりますよね。
大好きなピンクペッパーをアクセントにして
ピクルス
『サラダピクルス』
材料も簡単なら配合も覚えやすいピクルス液です。
さっと浅漬けならサラダ感覚でモリモリ食べられます。もちろんしっかり長期保存も出来ます。
持ちよりパーティーに喜んで頂ける1品でもあります。
その時には
ピクルス
こんな形で保存瓶のまま持って行くと美しいしこぼれず便利
プレゼントにも喜ばれますよね。
ムチムチパン
『ムチムチぱん』
私のお気に入りパン。サンドウィッチに最適なんです。
しかも全粒粉が入って栄養満点なのにボソボソしない黄金の割合だと自負しています。笑
プリン
『ココナッツミルクプリン』
これは誰もが好きなスイーツだと思います。
もちろん簡単~にパパパっと出来ちゃいますからゼラチンに苦手意識のある方皆さんに教えてあげたい。ゼラチン、簡単ですよ。
さて、今日私は何回『簡単』と書きましたでしょうか?
でもね、本当に簡単なんです。
食事は身体を作るんですもの。皆さんに出来るだけ手作りをして頂きたい。
強くそう思っていますから
お料理教室では出来得る限り簡単に(しかも本格的に美味しく)出来るよう
レシピを研究し尽くしています。
そしてコレ。と自信が出来たものをお伝えしています。
参加して下さった皆さんなら解って頂けますよね。
10月は18日(土)20(月)
秋刀魚の卸し方をお勉強して2品作りますよ。
あとはカボチャ料理。お楽しみに。
お知らせ
来週29日(月曜日)サンドウィッチワークショップを開催します。
未だ1席空いています。どなたか参加されませんか?

気持ちの持ちよう

 

さんどうぃっち

相変わらず毎日のようにパンを焼いています。
bagel
つるぴかベーグル作ったり
サンドゥィッチ
ムチムチぱんを焼いたり
時間があればサンドウィッチも作ったり
べーぐる
お教室を開いたくらいですからベーグルなんか目をつむっていても出来ます。。。。
。。。のハズなのに
bagel
ん?左に見えるのは????
?
コレ、なんでしょう~?
。。。。。。。イースト、入れ忘れました。
しかも成形迄してようやく気づく。という。。。。
。。。。。。しばし考えて
もったいないので焼いてみました。
左がそのまま焼いたもの。右がケトリングしてから焼いたもの。(どうでもいいわね)
もちろん食べました。食べ物は粗末にしてはいけません。
いえ、味はいいのよ。味は。。。食べられる。。。(負け惜しみ)
ぎゅーーーーーっと締まっているのでよく噛むから直ぐに満腹になってダイエットに良いかも(負け惜しみ、アゲイン)
いや~、こんな失敗初めてしました。
それどころか、お料理教室の準備をしていて包丁を研ごうとして自分の指当てて切れ味を見たり(痛!!!)
話のピントが合わなかったり、、、
見るに見かねて生徒さんが自分の為にしていた骨盤ベルト貸してくれました。
これが素晴らしかった。おかげさまで無事お教室を出来ました。
なんで骨盤ベルト?それは又今度。
早速オーダーしたので届いたら情報をシェアしますね。
で、本筋。何故私がこんなにボケボケだったか??と言うと
この1週間、殆ど寝ていないんです。うとうとするくらいで。
コロニータの咳き込みが酷く、咳止めシロップを処方してもらっているんだけど
これがだんだん効きが悪くなっちゃって
人間と同じで夜間の咳き込みが酷いので2時間置きにシロップを飲ませて
その間はずう~っと背中をさすってあげていたので
寝るどころじゃなかったんです。
苦しそうで、苦しそうで、、、
それに何だかまた肺に水が溜まったんじゃないか、心配にもなってきて。
咳止めの在庫も心もとなくなって来たので病院に取りに行きたいんだけど
まだまだ仕事が終わらなくて夜中になりそう。どうしよう。
なんて思っていたら心臓の先生が薬を届けて下さいました。
有り難い~。なんて親切な!
ついでにコロニータの様子を見て下さって
「この様子だったら大丈夫ですよ。ステロイド治療を始めても良いかも」とのお言葉迄!!
先月末には死にかけて酸素室に4日もいたコロニータ
7月末からろくにご飯を食べなくなり
その頃から私は心配であまり寝る事が出来なくなり
特にこの1週間は咳き込むコロニータの背中をさすりながら
ありもしない念力をもしかして、とすがる様な思いで念じながらさすり続けたのに
この先生の一言が「ぽんっ」と私の中から何かを排出してくれたみたい。
現金なもので
咳き込むコロニータの様子もなんだか余裕をもってみていられて
「大丈夫。コロニータの咳は直ぐ止まるから。先生も大丈夫って言ってたわよ」
なんて余裕の受け答え(通じているかどうかはともかく)
おかげで夕べは久しぶりに3時間くらい続けてぐっすり寝ました。
その間、コロニータは咳き込んでいたのかなぁ?
ごめんね。辛い思いをしていたら。
しかし、言葉の威力はすごいですね。
たったひと言がコロリと私を変えたんですもの。
『言霊』を信じているからうかつな事は声に出して言わないように心がけているけど
『ひと言』が人の(私の)コンディションをこんなに変える力があるのなら
日頃の人にかける言葉に神経を使わねば。と思わせた事件?でした。
しかし、コロニータ、良かったーーーーーっ!!!
ありがとうございます。先生!!そしてコロニータ!!!

いまわのきわ

 

今日は祖母の103回目のお誕生日です。
でも、もう本人にはお誕生日を迎えた感覚は無いかも知れません。
先月末から介護付き老人ホームから病院へ入院した祖母
先週から食べる事を止めたらしく病院の判断で鼻から管が。
それを見た母は驚愕しましたが何も先生に言えなかったそうで黙って帰って来たそうです。
それを聞いてもの凄く悲しくなりました。
祖母は確実に旅立ちの準備を始めているのに鼻から管で食事を入れるなんて可哀想
鼻は食事をするところではありません。
もちろん本人に意志があって選んでいるのならかまわないのですが
もう意識も朦朧としている祖母に何故痛い思いをさせるのか。
でも、母は先生に「全ておまかせします」と言った手前、先生の判断に抗えないと言いました。
難しいところです。
私の家族は『延命治療はしない』という点で意志の確認を済ませています。
だから母も鼻から管で食事を入れられている祖母の姿に驚愕したのでした。
でも、だからといって『やめて』というのは難しい。先生の判断に失礼になるのではないか。と危惧しているのです。
そういう母の気持ちも理解は出来ます。でも止めて欲しい。
母を傷つけたくもなかったけど、
「鼻から管を入れられたら痛いわよ。辛いわよ。せっかくゆっくりと枯れながら旅立ちの準備をしているのに、そのまま枯らしてあげるのは難しいのかしら?」
「おばあさまはもう充分生きた満足があるから自然にフェードアウトしているのにそれを阻むのは医療とは言えないのじゃないかしら」
とついつい言っても詮無い事を言ってしまいました。母だって嫌なんです。管になんか繋げたくない。
何とも後味の悪い状態で電話を切りました。
そうしたら翌日、母から
「今日病院に行ったら管が抜かれていたの。口の周りに血がついていたからおばあさまがきっと嫌がって暴れてはずしたんじゃないかしら?」
ちょっとホッとした明るい母の声でした。
母も私以上に鼻から管を通している祖母の姿を見たくなかったんです。
「どこか怪我をしたのか心配で口の中を見ようとしたけど開けてくれないからしょうがないから少しでも綺麗にしてあげようとガーゼを濡らして拭いてあげようとしたらそのガーゼの水をちゅうちゅう吸うの。のどが乾いていたのね。水をあげたら怒られるかも。って思ったけど、もう一度水で濡らして吸わせてあげたわ」
さすが母です。
祖母は父の母です。母とはなさぬ仲です。普通はね。
でも母は祖母の事をそれはそれは大切にしてきました。
近所の人は祖母と母が実の母娘と思っている方も少なくないほどです。
そして実際祖母が100歳まで自宅で世話をしてきました。
半分フェアリーになって時々わからないことを言う祖母に辛抱強く向き合って来たのです。
その母の世話を降りたのは祖母でした。
お散歩中に溝に落ちて骨折して入院生活が始まったのです。
それと共に祖母がフェアリーでいる時間が増えて来てケアマネージャーさんやお医者様のアドバイスもあり自宅には帰らずホスピスに入る事になったのです。
そして3年、今度は肺炎を起こして自宅近くのホームドクターの病院へやってきたのです。
なんてキチンと準備万端な旅立ち準備なんでしょう。
103歳ですからね、大往生です。
もう完全に食べる事を止めていますから長くてひと月と先生が仰ったそうです。
その時が来たら悲しいのかも知れませんが
私は祖母の今際の際に向かう準備の正しさ、美しさに正直感動をしています。
すごく全うな逝き方を祖母は着々と歩んでいる。
なんだか、あっぱれ!!とエールを送りたいくらいです。
だってこれが本当の逝き方なんだと思うからです。
何故、こんな事を長々と書いているか。
モチロン祖母に捧げるエールもありますが
今、介護している私の愛犬、コロニータの事を重ねて思っているからなんです。
犬ですが私にとっては娘同然の存在です。
コロニータの命もそう長くはありません。
少し前のもうダメかも。と思う様な所から見事に復帰してくれていますが
日々、日々体調は変化して先の予想も安心も出来ません。
それでも
私は信じているんです。
コロニータは祖母のように本来あるべき旅立ちの準備をして逝くべきだと。
痛みや苦しみに喘ぎながら逝かせたくないのです。
眠るように逝かせたい。
その為に出来るだけの事をしてあげたいのです。
幸い、私の両親はコロニータが犬である事よりも大切な家族であると思ってくれています。
だから私と同じようにコロニータの状態に一喜一憂してくれています。
これがどんなに心強いか。
コロニータの看病で眠れない夜が続いたりもしますが両親は寝ろ。とは言いません。上手に身体を休める工夫をして最後の最後までしっかり面倒を見てあげて欲しい。その為にもしっかり食べて体力を付け休む工夫をして欲しい。コロニータの世話を出来るのは私しかいないのだからその為にも体力が付くよう自分の体を労って欲しい。と言います。
これの言葉がどんなに有り難いか。
シングルマザー(犬の、ですが)の私には私の代わりになってくれるパートナーがいませんが同じ様な状況を共有出来て人、犬の垣根を感じる事無く同じように話せる家族がいる事を大変幸せに思います。
そしてそれが私のルーツでもある事に誇りも持ちます。
もしかしたらこれを読んで違和感を持たれる方もいらっしゃるでしょう。
それに対しては申し訳ありません。
実際の日々でも犬の為に病院をかけずり回っている私にご好意でしょうが「犬は人よりお金がかかるでしょう?よくなさるわよね?私には出来ないわ。犬の治療に大金を払うなんて」って仰る方もいらっしゃいます。
考え方はそれぞれです。
ただ、私にとってかけがえない家族の命の為に出来るだけの事をするのは当たり前の事だし、今回はそれがたまたま犬であった。という事だけです。
祖母の今際の際の過ごし方をコロニータにしっかり伝授して欲しい。これが今一番私が願っている事です。
コロニータ
何だ祖母のお誕生日なのに重い内容になってしまいました。
祖母へ
お誕生日おめでとう。そのまま安らかに眠るように時を迎えて下さい。

道具の大切さ

お教室で私がお勧めしているのは

手際を良く洗い物を減らしてストレスの無いように心がける事
その為に大切なもののひとつに道具があります。
使い勝手の良い道具は料理をするストレスも軽減してくれます。
今日はそんな優秀なアイテムの中からメジャーカップをご紹介
メジャーカップ
シリコンで出来たメジャーカップです。
左が250ml、小さいのが100ml
この他に500mlの大サイズがあります。
この250ml、500mlという単位も嬉しい。
日本の1カップは200mlですがアメリカの1カップは237ml(240ml)
イギリスは285ml、オーストラリアは250ml
って国によって違うの、ご存知ですか?
NYでお菓子作りを習った私
はじめはこの違いを知らなくて苦労しました。汗
今でもその頃のレシピを使ったりするのでこの250mlのカップは個人的に嬉しい。
愛用のファイアーキングのメジャーカップも同じ理由でお気に入りです。
そしてこのメジャーカップ、細かい目盛りが付いているので
パンのように微妙な水加減で仕上がりが違ってくるものには最適です。
そして、そして、
何よりの特徴が
このカップ
写真右の部分が僅かに薄くなっていまして
むぎゅ~っと押すと注ぎ口が出来るんです。
これも細やかな調整をしたい時に便利
元々はお教室の生徒さんにプレゼントして頂いたものですが
今では大のお気に入りでお教室の生徒さんに強く強くお勧めしてしまうほどです。
どこかで見かけたら是非家に連れ帰ってあげて下さい。
本当にお勧め(←何度でも言いたい)
Kさん、素敵なものを私の元に連れて来て下さってありがとうございます。
感謝します。
お教室で私の愛用の道具を欲しいと仰る方が多いものですから新たにカテゴリーを設けました。
今後も色々愛用品をご紹介して行こうと思います。
少しでも皆さんの日々のお料理作りの助けになるように
シェアさせていただきますね~。
 

TV収録

 

前回の記事でチラ見せした日曜日のランチの食卓
実はTVの収録でした。
テレビ朝日の朝の情報番組『モーニングバード』
イギリスから3週間の予定で東京を訪れたGeorgeをもてなしてのランチを
収録して頂きました。
では作ったお料理を紹介させて頂きますね。
全体
まずはプチ前菜から
ぷち前菜
上から
『mistoチーズタルト』
『明太タラモサラダのクロスティーニ』
『レバーペーストミニバーガー仕立て』
秋刀魚ロール
『秋刀魚ロール』
日本の秋の味覚”秋刀魚”を海外の方でも美味しく食べて頂けるように。
秋刀魚にはお決まりの”すだち”もキチンと添えて。
多分、イギリスにいない魚だからうまく説明しようとしたけど、、、撃沈。
でも、これはイギリスのフィッシュケーキみたい。と大層気に入ってもらえました。💓
キャベツのオムレツ
『2色のキャベツのイタリアンオムレツ』
人参
『人参のバルサミコロースト』
本当はもっと深くローストした方が好みなんだけど、その食感は受け入れられないかも?と思ったので少し浅めにローストしてジューシーさをキープしました。
フィデウア
『キャベツとサーディンのフィデウア 塩レモン風味』
ピクルス
『サラダピクルス』
チキン
『チーズ入りバタフライチキン ローストポテト添え』
イギリスといえばロースト料理かしら?とメインはチキンにしました。
ブルーチーズとクリームチーズをミックスして肉と皮の間に仕込みました。
ジャガ芋国の客人ですからね。ローストポテトを付け合わせましたが日本のさつま芋も一緒にローストしてサーブしてみました。
が、
さつま芋はあまりお口に合わなかったのかな?残していました。
それとも
あまりのボリュームにお腹がいっぱい過ぎて完食出来ない。って言っていたからそのせいかしら?
好き嫌いやアレルギーが気になっていましたが
結果、どの料理も『とても美味しい』って食べてくれました。良かった~。
パン
もちろん焼き立ての『ムチムチぱん』も
食後にインタビューです。
撮影
日本(東京)に来てまだ4日目だそうですが
不便に感じた事を聞いてみました。
全体的に英語表記が少なくて行き先やレストランのメニューなどが全く判らなくて
何方に行って良いのか、何を食べれば良いのかわからなくて困る。文化が違うので想像する事も難しい。
と言っていました。成る程ね。
だからこのように普通の家にいって食事が出来るとメニューに悩まなくても食事が出来るからいい。って言っていました。笑
ここで少し説明しますね。
私は『KitchHike 』というグループにエントリーしているんです。
これは海外に旅行した時に(登録している)普通の家に行ってその家のご飯が食べられる。というシステム。
ご飯を作ってもてなす人を『COOK』ご飯を食べる旅行者を『HIKE』と呼びます。
ここでは私が『COOK』Georgeが『HIKE』
食べる事が大好きな私。そして作る事はもっと好き。
どこに行ってもレストランはモチロン、普通の家のご飯も覗いてみたい。
だから市場やスーパーマーケットに行って現地の方の買われるものをがん見したり、時には食材の事、調理法を聞いたりしていろいろな食材の料理の仕方やお料理を覚えてきました。
そんな私にピッタリのシステムなんです。
教えてくれたのはNY在住のお友達、K子ちゃん。
すぐにエントリーしましたけど残念ながら未だご指名はなく(まだ始まったばかりのグループなんです。これからですよ、きっと)
今回は正確にはGeorgeのご指名ではないけど、でもいい体験になりました。
月に2回、私は友人に向けて食卓を作って複数の知らない人同士で食事をする場所を作ってきました。(食卓の様子は今迄何度もこのブログでご紹介させて頂いています)
『KitchHike』ではないけど私の友人が海外から来る時には必ずその旨を知らせて英語に触れてみたい。しゃべってみたい。という友人達が参加してくれて新たな国際交流が出来ています。
そこにはいつもリラックスした楽しい関係が産まれていて
『食は世界の共通言語だなぁ』
とつくづく思っています。
今回、このような取材に協力できて応援しているこの取り組みのお手伝いが出来たのはとても光栄な事でした。
これを機に今度は本当のHIKEから
指名を受けて国際交流にわずかでも協力出来たらと願っています。
ただ、、、
放映日を一週間間違えた私は放映を見逃したのでした。涙
でも、思ったより多くの友人が見ていてくれてFBでメッセージをくれてビックリ。
久しぶりに話した(メッセージでね)友人なんかもいて嬉しかったわ。
撮影
左から
『KitchHike』主催の山本さん、 Hiker George
そしてこんな若い女のコ2人が撮影クルーでした。

日曜ランチの食卓

 

いつもの土曜日のディナーの食卓が訳あって翌日のランチの食卓に変更になりました。
全体
まずは前菜盛り
前菜
ええーーーっと、これからいろいろあるんですが、、、、、
ごめんなさい。
来週の火曜日が終わる迄お知らせ出来ません。
ので、今日はこのチラミセにて終了。
ごめんなさいね。詳しくは後日!!!!!

JANK FOOD展示会 ケータリング

 

クッキー

昨日チラ見せしたの、ケータリングの仕込みでした。
DREAM WORKS』というブランドの展示会のAfter partyのお料理のご依頼です。
テーマは『STAR WARDS NIGHT』
ついに、というか、ようやく来ましたね。スターウォーズのご依頼
いつかは来るだろう。と漠然と思っていましたが思ったより時間がかかったかも?
anyway,
ケータリングの様子を見て頂きましょうね。
全体
まずはSTAR WSRDS カップケーキタワー
カップケーキ
ダースベイダーとトルーパーをケーキトップに飾ってみました。
クッキー
クッキーもディスプレイしましたよ。
これ、パンケーキの型で作ったから結構大きなクッキーなんです。
お料理の方は
サンドゥィッチ
サンドウィッチコーナーと
全体
フィンガーフードコーナー
お料理の方は『アメリカな感じ』というご依頼だったので
サンドウィッチは
ベーグル
『ブルーチーズ&クリームに茄子のマリネ、生ハムを挟んだベーグルサンド』
『フィリーチーズステーキサンド』
フィンガーフードは
フィンガー
『焼きコールスロー&オイルサーディン 塩レモン風味』
『明太タラモサラダ』
『mistoチーズタルト』
でした。
バー
バーカウンターではこんなに可愛いサーバーからメイソンジャーに注がれたレモネード
シッカリ私も頂いてきました。(アルコール入りでね。💓)
ミッチー
今回のお仕事を依頼してくれたプレスのミッチー
早速写真を取ってアップしてくれていました。
お客様もスタッフの皆様も写真は沢山撮って下さったのですが中々お料理に手を出して頂けなくてハラハラしてしまいました。
そこで思わずいらした社長さんに第一号になって頂いたものの、後が続かず、、、
心配顔で見ていたらスタッフの方が気を使って下さっていくつか食べて下さり、、、、
ようやくお客様も手を出して頂き始めました。良かった~。
ほっとしたので会場を後にする事が出来ました。
お土産
頂いたお土産
飲んだ後のメイソンジャーを綺麗に洗ってくれてお持ち帰り(これ、良いアイデアですよね)
そして凄く着心地のよさそうな生地のTシャツ
皆さんの評判が凄く良かったとの報告を受けてようやく安堵しました。
毎回心をこめて丁寧に自信を持って作っていますが、それでもお客様の評判を聞く迄は安心出来ません~。
凄く楽しいお仕事でした。
どうもありがとうございました。

Baking Day

 

毎週金曜日はベーグルの日
今朝もベーグル焼きました。が、この量!!!
パン
そう。
昨日は大量のパンを一日焼いていました。
バケット12本、ムチムチぱん 16本、ベーグル 16個、、、
他にもカップケーキ4ダース etc,,,
何の準備かと言うと今日、これから組み立てるのでまた明日にでもお伝えしますね。
本日は時間に追われているのでここまででごめんなさい。
パン
んんん?端に見えるのは。。。。???
クッキー
来ると思っていました。このオーダー
というか、
今迄来なかったのが不思議。ようやく来た。って感じ。
今日が楽しみ。💓