Sol その後

 

ここの所、チワワの話しばかりでごめんなさい。
落ち着いたらまたお料理やお菓子の事、レシピを紹介しますから
もうしばらくチワワ話にお付き合い下さい。
あれから一週間経ちました。
気をつけて見ていると家やアトリエではおよそ大丈夫ですが
お散歩だとアチコチにぶつかるようになりました。
また、草などに当たるとビックリして文字通り飛び上がります。
私が目になって先に先に気をつけてリードしてあげる必要があるようです。
ソル
今朝の事。
昼前にSolの目を見てみると
まっ白に濁っていたはずの右目が半分しか開いてなく
しかも上まぶたじゃなくて下瞼が上に半分ほどずり上がっています。
しかも大きな目やにが付いています。
目をしばしばしていて見るからに痛そう。
慌てて抱き上げて目やにを取ってやるとキャンと鳴き声。
どうやら痛みがあるようです。
しかも不思議なことに
真っ白かった目が黒くなっています。
もしかして水晶体が剥がれ落ちた?????
慌ててまた工藤動物病院に電話を入れました。
午後の診察は15時から。
でも、手術などが延びたりするので16時半頃に来て欲しい。との事
もう気が気でありません。
おまけにコロニータの右目も端の方から白く濁っているのが気になります。
時間がくるのをコロ&ソルを抱きながらじりじりと待ち
ようやく予約時間になりました。
結果
どうやら外れて前面に滑り落ちていた水晶体が目の裏側に動いたらしい。
らしい。というのは病院に着く頃にはまた白い水晶体が戻っていたから。
でも、これは少しだけいい兆候らしいんです。
水晶体が前回のように目の前面に滑り落ちていると炎症をおこしやすく
緑内障にもなりやすいらしいんです。
しかも
見えない目が見えるようになる訳でもないのに
緑内障のリスクを避けるために手術をするべきなのだそうです。
でも一方、もしまた今日のように水晶体が裏側に動いたら
瞳孔を狭くして前面に来ないようにする事も可能。とか。
見えない目、ですが
痛みを伴うなんて。何とかそれは避けてあげたいのです。もちろん手術も。
今日の所は白目も充血していて
ぶどう膜炎を起こしているそうなので眼球にステロイドの注射をしてもらいました。
そして
あとは炎症を押さえる点眼薬を処方してもらって
出来るだけ痛みや炎症をあさえてあげることになりました。
先日はあまりのショックで
先生に質問すら出来ずに帰って来てしまったので
今回はよくよく詳しく説明をしてもらいました。
コロソル
今度はコロニータの番です。
先週のソル君のように瞳孔を開く点眼役をして検査です。
結果
『角膜内皮障害』
目の端から徐々に白濁していく進行性の病気だそうです。
神様!!
幸いながらまだ初期段階なので
とりあえずステロイドの点眼薬をさして白目から黒目にかけて広がっている
血管の充血が収まるか様子をみることになりました。
動物を飼うという事は
いづれお別れの時を迎える事。
頭では解っていましたが
まだまだ人生(犬生?)半ばのこの子達がこんなに早く障害をかかえるなんて。
しかも
ソルに続いてコロニータに迄目の病気があるなんて。
神様はとことん私に宿題を与えて下さるようです。
ソル

チワワの白内障 最終回

 

ソルを連れて工藤動物病院(眼科)に行ってきました。
6/19
犬の白内障は人間の白内障と同じように手術で直せます。
術法も人間と一緒で白濁した水晶体を取り出しレンズを入れます。
但し、問題は術後のケアで感染症の恐れもある事だし
数種類の点眼薬を数分おきにさすなど
フルタイムで働いている飼い主だと難しいのが現状です。
また老齢の場合、モチロン手術時の麻酔のリスクもあります。
そして白内障の進行状態によっては手遅れになることもあるそう。
これが今日病院に行く前に私が得ていた情報でした。
ソルは持病が再発してつい先日までステロイドを服用していたし
まだ完治している訳でもないのでこの先もいつまたステロイドが必要か解らないし
そんな状態で手術して大丈夫なんだろうか?
何よりここ2週間で眼の状態が急激に悪くなっているので
手術のタイミングが間に合うのだろうか?
9歳という年齢は麻酔に充分耐えられるのだろうか?
こんな不安を持ちながらも
以前病気が発覚した時に→(ここからリンク先に詳しく書いてあります
手当てしたように丁寧にすればきっと大丈夫。
そう思っていたし、
そして同じ症状の犬を持つ人へ少しでも参考になればいい。
そう思ったので新しくカテゴリーも増やして
『チワワの白内障』というタイトルで
リアルに闘病の状況をこのブログに記録して行くつもりでした。
でも、
『チワワの白内障』は1.2、そして今回で最終回になってしまいました。
ソルの眼はもうどちらも見えていないのだそうです。
そしてそれはもっともっと前から始まっていたんだそうです。
そして先生の一言
「もうこの子にしてあげられる事はありません」
出された病名は『網膜変性症』
カメラのフィルムに相当する網膜が障害されて失明する病気で
遺伝的要素によって起こり、しかも治療法がない病気です。
そして網膜変性症を発症した犬は白内障→ぶどう膜炎→緑内障と
病状を変化させていくんだそうです。
ソルの右目はこの白内障がひどくなった状態ですでに水晶体が
前面に移動していて中身も溶けている状態。
そして見えていると思っていた左目は殆ど網膜の血管が損傷している状態。
つまりもう両目とも眼は見えていないんだそうです。
そして
今後はぶどう膜炎や緑内症になった時に適宜対応するしかない。
考えてみれば兆候はずっと以前からありました。
お散歩を嫌がったり
歩いている途中で急に足を止めたり
目の前のご飯を鼻先でさがしたり
そして何より黒目がちでビー玉のようなウルウルの目をしてました。
歩く時はいつもコロニータの真後ろだし
コロニータがマーキングすればソルもする
コロニータが玄関に行けば自分もいく
何をするのも必ずコロニータの後でした。
大好きな看板犬になるために階段を降りる時も
さっさと先に行っちゃうコロニータに追いつけず
じっと私が来るのを待っていました。
そして私の横にピッタリくっついて
「よいしょ、よいしょ」というかけ声に合わせて降りていました。
それもこれも大分前から徐々に見えなくなっていっていたからなんでしょう。
それを私は臆病で甘えっ子なソルの性格から来るものだと思っていました。
「もうこの子にしてあげられる事はありません」
この一言を聞いたときから私は涙が止まらなくなりました。
先生に質問したいのですが
子供のように声をあげて泣きたい気持ちを押さえるのが精一杯でした。
いい歳しているのに
泣きながら電車に乗って帰ってきました。
アトリエにケーキを買いに来て下さったお客様の前でも
私は涙を止められませんでした。
明日のお料理教室と食卓の為の買い出しに出かけましたが
やっぱり涙を止める事が出来ません。
小雨の中、自転車をこぎながら
この雨が土砂降りだったらもっと思い切り泣けるのに。
そう思いながら何軒もわざとお店を回りました。
きっと人には奇妙な変な人に映ったでしょうね。
泣きながら買い物をして泣きながら自転車に乗っているんですもの。
でもどうにも私の涙はとまりません。
これを書いている今
やっぱり私は号泣しています。
何度もコロニータが私の顔をのぞきにきますが
やっぱり涙は止まりません。
さっきから何でこんなに悲しいんだろう、と考えているのですが
それはズバリ後悔しているんです。
『何でもっと早くに気づいてあげられなかったんだろう?』
気づいていたらどうにかなっていたかも、という事じゃないんです。
凄く愛しているつもりなのに
何故私は気づいてあげられなかったんだろう?
気づいてあげられなかった自分にショックを受けているんだと思います。
そして色々なシグナルを出し続けてくれていたソルに
その
都度間違った対応をし続けて来たんです。
ソルのシグナルに応えてあげていなかったんです。
しかもおそらく長い間。
その事実への後悔が私に涙を流せさせているんだと思うんです。
ここまで自分をさらけ出すのは
普段の私では絶対に有り得ない事です。
でも、このブログをいつか同じ状況の人が覗きに来て
馬鹿みたいに恥かしげもなく泣きじゃくっている私の現状が
その方にリンクするかもしれないし、
何よりこの先コロニータとソルと暮らしてゆく未来の私へ
何らかのエールになるかもしれないので
本当に恥らいも捨てて正直に書き留めておきます。
これを読んで不愉快になった方、怒りを覚えた方、申し訳ありません。
どうぞお許し下さい。

チワワの白内障 2

6/20のソル(&コロニータ)です。
今日は少しソルが眼に慣れて来た兆しが見れたので記録しておきます。
6/19
アトリエの犬部屋では人間のベッドの上に犬のベットを置いていましたが
上り下りが難しくなったソルがベッド下に隠れるようになったので
犬用ベッドを床に降ろしてみました。
まあ、普通、犬用ベッドは床にありますよね。
我が家は数年かかって一般の状況になったわけです。
そうしたら早速仲良く2人でベットに入ってくれたので記念にパチリ
そしていつもの出店の時間’(12時~13時)
準備をしていたら小雨がパラパラ。
コロニータか玄関先でドアを開けてくれとカリカリしているし
ソルもその後ろで足踏みしてる。
『雨だから今日はお店は出せないわよ」
といっても玄関から動かないので『ほら、雨よ」ってドアを開けてみたら
コロニータが早速数段たたっと降りてこっちをむいて
「大丈夫、出せるわよ」って言っている(本当にそんな顔をします)
で、ソルを振り返ると置いてかれまいと私の足にすがりついてくる。
「しょうがないわね。じゃあ、開こうか?」
と準備を始めてソルを階段に導いたら今日のソルは全く階段を降りようとせず
でも、私の顔を見てしっぽを振っている。
まあ、降りる気は満々なので小脇に抱えて降りると
ソル
嬉しそう~
途中、少し雨が強くなっても
6/19ソル
誰か来ないか眼を見開いてやる気満々。
ちなみに
コロニータ
コロニータは外用犬小屋でまったり(濡れるのが嫌っ)
ソル
ソルはあくびをしながらもゆったりした様子。
しかも眼がよく見えないので誰の声でも聞こえたら
ささっと愛想良く寄って行きます。
これには今までなかなか懐いてくれなくて寂しがっていたお客さんもにっこり
やっぱりソルもコロニータも看板犬が大好き。
皆がかわいいって撫でてくれるのを今か今かと待っています。
ソルも眼の事を忘れて大満足みたい。
しかも帰りは自分なりに工夫して
階段の右隅に体をピッタリくっつけてガイドラインにしながら
最後迄自力で上がりました。
先週末は怯えてベッドの下に入っていたのに
驚く程の進化です。
今日は少し良い兆しが見れて私の心も少しだけホッとしました。
*病院について
ホームドクター紹介の「東京農工大学動物医療センター」の予約は7/9
ちょっと先です。
せめて状況だけでも早く把握したいと思って明日
中野の眼科専門医のいる「工藤動物病院」へまずは行ってみる事にしました。
ソル
頑張れ。ソル君

チワワの白内障 1

 

ソルが白内障と診断されてからいろいろネットで調べていたんだけど
それで気づいた。
ソル君の事も細かく記録に残せば参考にしてもらえるかもしれない。
前回のコロニータの乳がん手術の時は痛々しくて写真を撮る気にもならなかったけど
どなたかのお役に立つ事があるのなら
勇気を持って記録して行こうと思います。
心が折れる事なく現実に向き合ってみたいと思います。
6/19
これが今朝6/19のソル君です。
そもそも、ソルの異変に気づいたのが6/8日
食卓の支度をしている私の足に思い切りぶつかったから。(前の記事)後半に載ってます。
普段仕事中は自分たちの部屋のベッドの上ででおとなしく待っているコロニータとソル。
*二人は人間用のベッドを専用の自分たちの場所として子供の頃から使っています。
でもこの春頃からソルが私の足下に寄って来る事が多くなった。
もう9歳なので老化によって眼が白っぽくなっている。と診断されていたし
何より持病が再発しているからなのかと思っていたけど
どうやらすでにその頃から目が見えづらくなったのかも。
とにかく月曜日を待って6/10に病院で診てもらったら
『白内障』の初期と診断
その週は雨の為いつもの出店(アトリエの下で12時~13時の1時間出店しています)
が出せなかったのでソルが自分で階段を降りなかったので気づかなかったけど
*ソルはこの時は張り切って我れ先に階段を降りて行きますが、お散歩というと嫌がるので抱き上げて降りて行く事も多いです。
金曜日にいつものように張り切って降りたけど最初のステップで思い切り転倒。
それでも何とか途中迄自力で降りましたが途中で足が止まった。
その時が
6/14
『6/14のソル』 この写真
で、この週末、日に日にソルの眼が白濁が強くなって来て
とうとう6/17の月曜日にはベッドから降りる事が出来なくなり
ベッドの下に隠れているようになりました。
手を差し伸べて出そうとすると怯えて奥に入って行くし
抱き上げると怖がって手足を突っ張る事も多くなった。
よく見ると左目の方も少し白くなった感じ。
とにかく殆ど見えなくなっている様子なので昨日6/18に
いつもの獣医さんで確認してもらったらやはり左も始まったみたい。
犬の白内障はまだまだ難しい手術なので眼下専門医か大学病院に行かなくてはならないそう。
ソルは持病の事ですでに沢山のステロイドを服用しているので
大学病院で診てもらえるようにお願いしました。
といっても初回は自分では予約を取れないので先生まかせです。
どうぞ1日も早く病院の予約が取れますように。
6/14
6/14
いつまでも2人で仲良く看板犬していてね。
感情を入れないようにしている為、素っ気ない文章でごめんなさい。

先週の食卓

 

食卓
先週の食卓
メインは
ローストチキン
『ローストチキン』
ニンニクやローズマリー、レモンゼストを入れたブライン液に漬け込んであるから
すごくジュウシィ~
半分くらい焼けた所でインカのめざめ、北あかり、レンコン、ニンニクを投入。
ジューシーな肉から溢れ出た肉汁の中でローストされるから
脂っこくないのに深みのある味に仕上がります。
それから川場からの初夏の便り
天ぷら
『アカシアとミョウガタケの天ぷら』
天ぷら揚げるの、大好きだけどかかりっきりになっちゃうのが嫌で
ギリギリの時間に前もって揚げちゃいました。
冷めてもしっかりカリカリしていたかしら?
そしていつもの自家製コンニャクは今日は趣向を変えて
コンニャク
『コンニャクのトトリムックムチム風』
この『風』ってつく料理が私の料理にはすごく多いんだけど
ピンっって閃くとやってみずにはいられないっ。
これは韓国のどんぐり粉で出来たコンニャク?甘くない羊羹?みたいなものを
たっぷりの野菜と一緒にコチュジャンで合えたもの。
私の好物のひとつだけどこのムックが手に入れにくいから
私の作る自家製の口当たり柔らかなコンニャクだったら代用出来るかな?と思って
結果は大成功!!!
しばらくはまりそうな予感~。美味しいっ。
それから
ポテサラ
『おからdeぽてさら』
この『もどき』料理も私の得意分野。
やっぱりピンッてきたもの。
私は本家より好きかなぁ~?
作るの、簡単だし~。
今日の自家製パンは
パン
『簡単テーブルロール』
パン教室をやって欲しい。っていうリクエストにお応えして
全くの手ごね経験なし初心者でも簡単に出来るようにレシピしてみました。
この生地、
前日にニラアンを巻き込んで焼いてみたら美味しい~。
癖がない生地なのでお惣菜パンにピッタリ。
甘い菓子パンにしてもよさそう。
パン生地作りに慣れるために頻繁に作る為には凄く使い勝手が良いと思う。
添えたのは『コンビーフのムース』
ブラジル産の味の濃いコンビーフの使い道に困って
いつもの野菜ムースの様な作り方をしてみたら。。。。
味はいいけど、ちょっと柔らかすぎ。
もう少しゼラチンを入れるべきだったわ。
後は
なすのマリネ
『茄子のタイ風マリネ』
コンニャクの唐揚げ
『コンニャクの唐揚げ』
今回は明太子風味にしてみました。
どれも美味しく出来たと思う。
細かいレシピはまた順次アップしますね。
今日は家のチワワSOl君について。
ソル
丁度この日、食卓の準備中にソル君の鼻の頭を思いっきり蹴っちゃったのよね。
『ぎゅふんっ』って変な声だして鳴いたから心配で、心配で。
9年育てているけど、こんなに思いっきりぶつかったのは初めて。
つまり、
ソル君に私が見えてなかったっていう事。
今年に入って何だか眼が遠くなった気がして先生に診てもらったんだけど
その時は加齢による眼の衰えで多少白っぽくなるけど白内障ではない。との診断。
でも、その時より右目が白っぽくなっているし、
そういえば先週も階段から『どさっ』って感じで落ちた。(2段です)
以前、やっぱり階段から落ちたときは『すってんころりん』って感じに上手に転がり落ちたのに
今回はまさにどさっと何の受け身も無しに落ちた。
考え始めたらもう心配で心配で
そういえば目の前にあるご飯やおやつをちょっと探すなぁ~。とか
普段私の仕事中は決して仕事場に入って来ないのに
最近、やたらと足下に来ては私に追い払われているなぁ~、とか
思い当たる節、一杯。
で、改めて先生に診てもらった結果は
やはり白内障が始まっていました。
性格や表情は永遠の赤ちゃんのようなのに白内障って。。。。
正直、今でもすごく落ち込んでいます(私が)
そんなに急いで大人にならなくても、ずっと赤ちゃんのままでいいのに。。。

川場便り

 

便り
川場から美味しい便りが届きました。
採れたて新鮮な初夏の味です。
ミョウガタケ
ミョウガタケ
ミョウガタケ
アカシア
アカシアの花
アカシアの花は一度、川場での夕食に天ぷらにして出して頂きました。
街路樹で見かける黄色い花と違って、淡いピンクの可愛らしい花です。
やさしい味がしたな~と思い出しながら
天ぷら
出来るだけ薄衣に揚げてみました。
ミョウガタケも一緒に天ぷら。
沢山頂いたのでアカシアの花はお裾分けで近所の店に。
ミョウガタケは
ミョウガタケ
すし酢に漬け込んでみました。
ルバーブ
ルバーブはアトリエのベランダで育てているものも一緒にコンフィチュールに。
ルバーブ
4瓶だけ、出来ました。
食卓にいらっしゃる方へ販売します。1瓶400円。
しかし、このルバーブ、よそで見るのは赤くなっているのに緑のまま。
酸味も弱いようです。
種類が違うのかしら?
それとも、
育て方、間違っている???
ご存知の方、ご教授ください。
Anyway,
美味しい便りは本当に美味しく戴きました。

イソフラボン

 

大根餅
おからde大根餅』←クリックするとレシピに飛びます。
イソフラボンをね、摂らなきゃな。って思うのですよ。
ほら、お年頃ですしね。
それに大腸癌家系なので腸の調子を整えておくのは凄く大切。
で、毎日豆乳とヨーグルトは欠かせません。
そして『おから』料理
『おから』ってイソフラボンも摂れて整腸作用もあって、しかもダイエットにいい。
まさに私にうってつけ食材。
で、今日は『大根餅』の紹介です。
大根、入っていないけど。
でも『大根餅』の味がするの。
しかも
本家の大根餅より作り方が簡単です。
素敵。

いくつになっても

 

サッカー、なんとかW杯出場を決めましたね。
しかし、ドキドキしっぱなしの試合でした。
気づいたら、泡1本飲んじゃってましたけど、全然酔いませんでした。笑
そんな私の横でチワワズは我関せずでラブラブムード
チワワズ
今日はコロニータがソルの耳掃除を始めました。
チワワズ
念入りに、念入りに、
チワワズ
コロニータ、顔が恍惚としています。
チワワズ
ソルは解るけど何故やってあげているコロニータも気持ちいいのかしら?
私の一番好きな時間
こうやって2人(匹)がベタベタ仲良くしてくれるのが凄く嬉しい。
って、11歳と9歳の中年ですけど。笑
でも、これが人間だったらかなりヤバいですよね?
良かったね。犬で。
そして
チワワズ
揃って眠りに落ちる。。。。
いえ、何て事ない事なんですけど、
横でヒヤヒヤTVでサッカー観戦しているのに
我関せずの2人に癒されましたよ~。いつものように。
今日は何て事ない話しでしたね。
でも、この2人のおかげで頑張れるのは本当。感謝しています。

Egyptian Night

 

Egyptian Night というイベントに行ってきました。
場所は幡ヶ谷にあります”さくらホテル”のさくらカフェ
月に2回友人が主催している英会話サークル“The International Center in Tokyo
で使わせて頂いている場所でもあります。
こちらのカフェ、24時間営業だし、海外からのゲストの多いホテルなので
世界のビールや軽食が楽しめる中々魅力的な場所です。
シメイ
まだセッティング中だったのでその世界のビールからCHIMEIを選んで
(エジプトビールはなかった。。。)
始まりました。
トークショー
モハメッドさんが流暢な日本語でエジプトの紹介をしてくれています。
モチロン私の興味をひいいたのは
ラマダンの後に振る舞われる”イフタール”の様子。
確かに街や通りのあちこちで沢山のテーブルが用意されてお食事が振る舞われています。
会場でも
デイツミルク
断食後、最初に口にする”デーツ”をミルクに浸したものが振る舞われました。
これ、美味しい。
デーツってかなり甘みが強いのでこうしてミルクでふやかして食べると
甘さも程よく、実も柔らかくなって食べやすい~。
これは今度、私の食卓でデザートとして出してみよう。
モハメッドさんの話は1時間半に及びました。
スクリーンを使って解りやすく説明をしてくれています。
でも、まだまだ話したい内容があったらしいけど残念ながらタイムアウト。
是非、第2弾を開催して欲しいものです。
すごく興味深くお話を伺う事が出来ました。
さて、お話の後はお食事タイムです。
エジプトご飯
プレートが運ばれてきました。
手前から時計回りに
『レバーの入った長米のピラフ』
『ツナとクリームチーズのサモサ風?』
『鶏の唐揚げ』
『トマトソースのフェデリーニ』
『ヨーグルトとキュウリのサラダ』
デザートは
デザート
『アマル アル アディ』(と、聞き取れた)
ティー
そしてオレンジや林檎の干したもの、薔薇の花などの入ったお茶。
残さず美味しくいただきました。
さて、最後は本日のお楽しみイベント、ベリーダンスショウです。
ここから先に説明はいりませんよね。
悩ましいダンサー達の写真をご紹介しておきましょう。
ベリーダンス
ベリーダンス
ベリーダンス
ベリーダンス
ベリーダンス
最後は私も手を引いてもらって踊りの輪の中に入れてもらいました。
あ~楽しかった~。
集合写真
最後は全員で記念撮影ーーーーっ

人参しりしり

 

人参しりしり
人参しりしり』←クリックするとレシピに飛びます。
沖縄料理のしりしりは大好きなお料理のひとつ。
私のレシピは人参と少しの卵だけで作るものだけど
じっくり炒めて充分に甘みを引き出しているから
コクがあって満足出来る味です。
沢山人参が食べられますよ~。
コツは、、、
チーズ卸し器
しりしり器(写真はチーズ卸しですが切り口が同じです。)を使う事。
そして人参の甘みをしっかり引き出す迄気長に弱火で炒める事。
え?それだけ?それで美味しいの?って思うでしょ?
美味しいですっ(きっぱり)
お試しあれ~。
エジプトご飯
週末、イベントに行ってきました。
『Egyptian Night』というタイトルで
エジプト人のエジプトの紹介トークとエジプトご飯と
ベリーダンス鑑賞付き!!!!!
という何とも興味深いイベントです。
去年、ひょんな事から大使館開催のミイラのお話を聞きに行って
俄然イスラム圏(特に食べ物!笑)に興味を持って
アトリエ近所にあるモスクにイフタールをごちそうになってみたりしたので
(その時の話しはコチラ
エジプトのお話が聞けるのはもの凄く興味深い。
しかもエジプトのご飯も食べられるなんてっ!!
しかも!!ベリーダンスを生で見られるなんて。
(大きな声で言えませんがジムでベリーダンスのクラスを取っているのです。が、生のダンスはまだ見た事なかったの。)
で、いそいそ行ってみたんだけどもの凄く楽しくて大満足でした。
その様子は明日UPしますね~。