生牡蠣を食べる食卓

 

以前、飲食店をやっていた時
年末には必ず一斗缶にぎっちり詰まった生牡蠣を振る舞ったものです。
私からの提案は『焼き牡蠣』で
殻ごとオーブンに突っ込んで焼き上がった牡蠣のうまみの凝縮している事!!
それを用意した数種類のソースで楽しむんです。
が、初めは皆焼き牡蠣を楽しんでいたのに
その内誰からともなく
自分で生牡蠣の殻開けに挑戦し始め
その賑やかな事、楽しい事
難しいのよね。ぷりんとした剥き身を取り出すの。
そんな懐かしい思い出を再現すべく牡蠣の食卓を用意しました。
牡蠣ーーーーーっ!!
食卓
あ、逆さま。
牡蠣
この方が見やすいですね。写真の牡蠣の3倍程用意しましたよ~。
生牡蠣に添えたのは4種類のソース。
*ハチミツ&ミント&ライム
*フレッシュトマトサルサ
*にんにくサワークリーム
*タマリンド入りチリソース
今回の生牡蠣は三陸から仕入れました。
他にも広島から牡蠣の剥き身を1、5Kg仕入れて
『牡蠣のオリーブオイル煮』と
『生牡蠣のキムチ』
も作りました。
他にはレバーペースト、切り干し大根のオムレツ、コンニャクのカルパッチョ、セロリのピクルス、小松菜と薄揚げの煮浸し、おからの酢の物、トウモロコシのローストに玄米粥、、、
それから
食卓
ムール貝も2Kg程仕入れて
定番の白ワイン蒸しでオーブンで焼いたポテトを添えました。
美味しかった~。
皆でわいわいしゃべってばくばく食べて、たっぷり飲んで
最後の方、記憶も曖昧でしたけど(飲み過ぎっ)
さすが、牡蠣。
翌日、すっきりと目覚めました。
あ~楽しかった。またやろうかしら?
 

15th anniversary cake

マジパンフルーツ マジパンフルーツ

このご依頼は突然でした。
平日の毎日12:00~13:00の1時間だけ、
私はアトリエの下、1階でクッキーやケーキの販売をしているんです。
この日。
一人の男性がつつつっと寄ってらして
「結婚記念日のケーキを送りたいのですがいくらで出来ますか?」とのお問い合わせ。
値段はデザインや大きさによって全く違いますので
そのまま立ち話でお話を伺いました。
「生クリームが苦手である事」
「フルーツが好きである事」
「お名前とその漢字」
すべて奥様の事です。
奥様に日頃の感謝をお伝えしたいんだな~、という想いがひしひしと伝わってきました。
これは是非ともお二方に喜んで頂ける『オンリー1』を制作せねば。
フルーツケーキも頭に浮かびましたが、それじゃありきたりだし、
何か珍しいものはないかしら?と思いを巡らせたら
マジパンのフルーツを思いつきました。
欧米ではよく見かけるフルーツを象ったマジパンのお菓子。
リキュールを効かせて作るとすごく美味しいんです。
マジパンフルーツは何度も制作した事があります。
ケーキ
これは友人MちゃんへのBDケーキ
このアイデアをお伝えすると直ぐに気に入って頂けてご了解下さいました。
マジパンフルーツはお味がしっかりしていますから、
ケーキもそれなりにしっかりした味にしないとバランスが取れません、
そこで、生チョコのようなどっしりした味のチョコレートケーキにする事にしました。
出来上がりです。
15周年
15周年の花のカードに見立てたクッキーと
お二方のお名前とanniversaryの文字は平和の使者ハトのクッキーに乗せて。
カラーも奥様の好きなペールグリーンと、リボンにアイボリーを用いました。
ご主人からの愛のこもったこんな素敵なプレゼント
大切な記念日のお手伝いをさせて頂いて本当に有り難く思います。
また来年も、再来年もご注文お待ちしていますっ笑。

ベトナムサンドウィッチ

 

ベトナムごはん

毎月月末にお料理教室を開いています。
テーマは『2時間で出来るおもてなし料理』
近所の普通のスーパーで手に入る食材を使って
簡単だけど手が込んだように見える料理を提案しています。
もし、凄く豪華にしたければ素材のグレードを上げればOK!
今回は
『フルーツ春巻き』
『レバーペースト』
『とろチャーシュー』
『ヌクナムナマス』
『バインフラン』
週末のレストランで出す度に作り方を聞かれる私のレバーペースト。
思ったよりあっさりで食べやすい味なんです。
それに柔らかくし上がるチャーシューを今回は炊飯器を使って。
お肉を選ぶポイントも一緒にお伝えします。
レバーペーストにチャーシューときたら。。。
これはバインミー(ベトナムサンドウィッチ)を作るしかないですよね。笑。
なのでサイドにヌクナムの効いたなますをつくって
バケットへの組み立て方、
そして、
私らしい、ひとひねりのポイントもお伝えしました。
サンドウィッチに合わせて
フルーツを使った可愛らしい生春巻きと
コーヒー味のカラメルが美味しいプリンも作りました。
ベトナムごはん
生春巻きは私が好んで使う小ぶりの物と通常のサイズの物と
両方を練習で巻いてもらいました。
んんん、やっぱり小ちゃい方が可愛い
そしてこのディッピングソースがまたいいっ。
この夜のレストランで出した生牡蠣に添えたら合う、合う。
とても楽しくって大満足のお教室でした。

Fresh Roses Cake

 

よく
「3Dの造形的なケーキしか作らないのか?」
とお問い合わせいただくのですが、
モチロン、そんな事はありません。
私はオーダーメイドの菓子作家。
お客様が欲しいお菓子を形にするのが私のお仕事ですから
ご希望に応じて出来る事は何でもやります。
それに、
これは表看板に出していませんが、お料理もご希望に応じて提供します。
出張調理も致します。
また、お客様の手作りのプレゼントのお手伝いもしています。
お教室ではそんなオーダーメイドも喜んで承っています。
で、本日ご紹介するケーキは。。。
薔薇ケーキ
うわ、慌てて撮った写真なのであぶなっかしいですね。
これは私のアトリエの下の階の 美容室 CLANNS(只今スタッフ募集中!)から
スタッフのお誕生日を営業後に皆でケーキを食べて祝いたい。
とのご依頼でした。
今回も全て私に任せてくださるって。あ~有り難い。
信頼されているって、なんて嬉しいんでしょう。♡
美しい女性の方なので色はシックなピンクに決めました。
遅い営業後に食べるケーキですから重すぎず、でも、何かしら珍しく、と思い
中には林檎のムースを入れました。
そしてドーム型の周りを薔薇の絞りのクリームで覆いました。
オマケで付けたクッキーには
ハートにhappy birth dayの文字。
♡に向かうグイーンと伸びたクッキーは飛行機の軌道をイメージして
「私を世界中に連れて行って~」とメッセージ。
ええ、お誕生日主は旅行が趣味なんです。
そして最後の遊びをひとつ。
とっておきの薔薇のピュアエッセンスをクリームにしのばせました。
よくよく観察しないと解らないくらいの薔薇の香り。
なんともエレガントなケーキに出来上がりました。

Roses Cake

 

バラケーキ
今回お見せするのは60歳のお祝いケーキです。
本体はバターケーキにスイスメレンゲバタークリームとレモンカートを挟んで
♡型に作りました。
カバーしたのは少し甘酸っぱい味のフォンダン。
大輪の薔薇3輪に小花と葉っぱを模して。
カラーは上品なオフホワイトを選択しました。
洋服デザイナーのNorikoさんとそのスタッフから
目出たく60歳になるショップスタッフさんへのプレゼントです。
デザインもすべて任せて頂ける。とNorikoさんから依頼を受けた時、
真っ先に浮かんだのは華やかでキラキラ輝いている事。
だってこちらのお洋服屋さんの皆さん、
いつもキラキラ華やかな出で立ちでいらっしゃるんですもの。
私もNorikoさんのお洋服は展示会の度に購入させて頂いていますが
お洋服が届いたらすぐヘビロテで着倒しちゃうくらいのお気に入り。
中でも10年以上前、初めて購入させて頂いたニットのドレスは
今でも大切なお出かけの時だけに着ているお気に入り。
全く古さを感じさせません。
そんなNorikoさんのお洋服を綺麗に着こなすショップスタッフの方ですもの、
さぞかし華やかな方だろう。と想像した訳。
で、迷う事なく『薔薇』を選択。
花びらには金粉をきらきら散りばめました。
そして、
ピンクッション
サイドにちょこんと置いたクッキーに60の数字。
お洋服屋さんだけに
『ピンクッション』に見立てて添えました。
なかなか華やかに出来上がりました。

Character cookies

 

今回もまた小さなおこちゃまの為のオーダーです。
顧客のkさまが1歳になるお孫ちゃまへのプレゼント。
まだまだ小さいお孫ちゃまですがお気に入りのキャラクターがTV に映ると
画面を見て嬉しそうに体をゆらゆらするんですって。
その様子が可愛くて可愛くてたまらないKさま。
そのお気に入りをクッキーにして送りたいそう。
そのお気に入りが
ふたつ
このふたり。
NHKってすごいですね。
1歳の子が言葉にならない言葉で「う~たん、う~たん」と言っているんですって。
モチロンはっきり発音出来ていないけど、
でもどうやらちゃんと「う~たん」というイントネーションが聞こえるんですって。
なんて愛らしいのかしら。
キャラ
ちょっと大きめのクッキーだったので耳?のマラカスのお花柄もバッチリ。
そしてもう一つのヒーロー
アンパンマン
『XんXんXん」
って感じに雰囲気ばっちりに発音するんですって。うふふ。
これをみて「パ~ンチッ」って言ってくれると嬉しいな。
子供のためのお仕事はどうしても作りながらにまにましちゃいます。
本当に子供って愛らしい。

Kちゃんのお誕生日ケーキ

 全体

2歳のお誕生日用に作ったケーキです。
まだ2歳のKちゃんは私のお料理をそれはそれは美味しそうに食べてくれる大切な顧客。
で、Kママは2歳のお誕生日のケーキを私にオーダーしてくれました。
まずは、
本人が理解して喜んでくれる事が一番なので、
今一番お気に入りのキャラクターを教えてもらいました。
絵本
知っています?この子達?
NHKの人気番組のキャラクターだそうで、Kちゃんのお気に入り。
これはちゃんと作ってどれが誰か解るようにしなくてはっ。
責任重大です。
クッキー
出来るだけ細かい所もこだわって作ってみました。
割と上手に出来たでしょ??
その他には最近言えるようになったフルーツ、りんご、ぶどう、みかんもクッキーにして、、、
メインのケーキはKちゃんが食べやすいようにカップケーキにしました。
私のカップケーキはパサパサしてなくてしっとり~。
大人にはレギュラーサイズ、Kちゃんにはミニサイズで作って。。。
アイシングは、これもまた最近赤、青、黄色を言い分けられるようになったそうなので
思い切ってハッキリ赤いアイシングにしました。
と、いっても味はクリームチーズを使ってチーズケーキみたいな優しい味です。
2歳だから数字の2になるようにレイアウトして、
レイアウト
んんん、アイシングが入るとクッキーが隠れちゃうわね。
レイアウト
角度を替えてみて、大体の感じを掴みます。
で、完成品が
全体
これ。
やっぱりクッキーは解りやすいように台紙のほうにアイシングで貼付けました。
結果は、
もの凄く気に入ってもらえたようです。
全てのキャラクターの名前もフルーツの名前もちゃんと言えたそう。ほっ。
なんとも愛らしい、楽しいお仕事でした。

a buss guitar groom cookie

ギター

ウエディングケーキといえば花嫁さんの希望に添って作られる事が殆ど。
それはアメリカでも同じ。大抵は花嫁さん主導でデザインが決められる。
それはちょっと、ちょっと~、
新郎にだってケーキへのこだわりがあるよ~っ!!
て誰かが言い出したのかどうか、、、は知らないけれども
アメリカにはウェディングケーキとは別にGroom cake というものが存在する。
大抵それは新郎の趣味の
ビリヤードだったりダーツだったり、を型どったものが多い。
そんな波がとうとう日本にも来た????
ケーキは新婦さまの大好きなカエルを型どったものを用意するけど
新郎さまの愛器の型のクッキーを制作してくれないか?
というお仕事が来ました。
本物
これがご本人の愛器の写真。
ケーキの横に添えてディスプレイをするらしいので
オーブントレイにぎりぎり入る大きさでクッキーを焼いてみました。
ギター
本体の色のグラディーションはモチロン、
ネック
ロゴもなんとか似せてかけました。
ギター
ついでに平和のハトをとばした♪も用意して
新郎新婦さま、おふたりにとても喜んで頂けたようです。

Nikon D4 wedding cake

nikon

Nikon D4 camera cake
ウエディングのケーキの制作をしました。
今回はいわゆる普通のティアードのケーキではなくてカメラのケーキです。
新郎さまがカメラマンなのでこのケーキは新婦からのサプライズにしたいとか。
カメラのケーキでしたら過去に
babacamera
こんなのや、
lica
こんなのを作っていますからお手の物です。
今回はEAT TOKYOさんからのご紹介なので打ち合わせはEAT TOKYOさんと。
残念ながら新婦さんと直接打ちあわせは出来ませんでしたが、すでにしっかりとしたイメージが出来上がっていらっしゃるようです。
で、お話を伺ってみますと。。。。
あら、困った。
カメラを立てた形で制作して欲しいとのこと。
私のカメラケーキは寝ています。
と、いうのもレンズの部分にボリュームがあるので上に向けないと安定しないからです。
いえね、堅く焼いたカステラをごく少量のクリームで重ねて、そして形を少しデフォルトすれば出来ない事もない。
でもね、それじゃ美味しくないの。
私は見た目重視で美味しくないアイシングクッキーやケーキを作るのは嫌。
だって、お菓子だもの。美味しい方が良いに決まっている。
そりゃ、デコらなきゃならないから美味しさに制限はあるけど、
アメリカにあるような歯が浮く程甘くてぱさぱさしたケーキなんて、嫌。
でも新婦さんの撮ってくださった実物カメラの写真をみると、、、
う~ん、やっぱりレンズ部分が大きい。。。そりゃそうよね、一番大切な部分ですもの。
さて、どうしたものか。
で、ここから試作です。
どうしたらレンズ部分を軽く出来るか。
レンズ部分だけ全部ダミーケーキにしちゃう???
有り難い事に新婦さまは最悪食べられないダミーケーキでもいいと仰ってくださったとか。
でも、そうまで言ってくださるのなら尚更食べてもらいたい。美味しいと行って頂きたい。
これは何とか形にしなければ。
そんな思いで作ったのがこのケーキです。nikon
レンズの部分もなんとか食べて頂けるようにできました。
でもこれね、レンズの下につっかい棒しているんです。
何とかつっかい棒なしで出来ないか頑張ってみたんですが、
デティールに凝ってリアルにすればする程重たくなっちゃって。。。
でも、ここはより新郎さまの本物のカメラに似せる方を選択しました。
デティールを再現するのは私の得意な所。
テープでNikonのロゴを隠して、なぜだか天辺にマジックテープが付いている。(後日談でこれはアンパンマンのお人形を付けるためだとか。お子様撮影時用ね。 )
そしてレンズの番号。
nikon
裏側もモチロン出来るだけ本物に忠実に、忠実に。
そして最終的に自分でも満足のいく形に出来上がりました。ホッ。
後は無事、式場迄運んで頂いてベースのケーキの上にきちんと載ってくれれば。。。。
自分で会場に行けないので神様にお願いする思いでした。(お願いしました。)
で、結果は。。。。
後日、新婦さまからこんな動画が届きました。
すごく喜んで頂けた様子がわかってもの凄くホッとしたと同時にうれしかったです。
そして改めてこの仕事を選択して良かった~。と思ったのでした。
このお仕事を下さった新郎新婦さま、EAT TOKYOさま、ありがとうございました。
 

コロニータとソルの病気の事

昨年末から次々に起きちゃった出来事、

コロニータとソルの病気の事を記録の為に残しておきます。
長文になります。御容赦を。
 まずはソル君、

昨年暮れのある夜、私の膝に慌てて飛び乗ったと思ったら肛門線が突然爆発しちゃったの。
4日前にシャンプーしてもらった時にきっちり絞ってもらったはずなのに。
これは前に病気になった時と全く同じ始まりの兆候。もしかして再発?
その時の記事 嬉しい兆候1
不安に思いながらも病院に連れて行って抗生物質を飲ませていたら何とか傷が回復。
先生も前の病気とは関係ないのかも知れないと仰ってくれて
やれやれ、再発は考え過ぎかも。と思っていたら
コロニータが乳腺炎に。
全部のおっぱいから血の混じったおっぱいが出てくる。
今度はコロニータに抗生物質を投与し始めたら、、、、
いきなりおっぱいにしこりが出来た。
幸い針で組織を採って検査に出すと良性とのこと。
でも腫瘍は無くなる物じゃないし、将来ガン化する恐れもあるので採った方が良いし
ホルモンの影響もあるから子宮と卵巣も採った方が良い。という先生のお話が。
これには凄く悩みました。
一番怖かったのは麻酔の事。
コロニータは11歳。もう若くはないのに麻酔に耐えられるのかしら?
しかもお腹を2カ所も切るなんてダメージはどうなのかしら?
答えが出ないからコロニータに何度も何度も聞いてみたんだけど
もちろんコロニータが話してくれるはずもなく
マジメに、なんとかして動物と話せるハイジ(志村動物園の、ね)に連絡が取れないかと
それは真剣に考えましたね。
(実際はいつも見てもらっている占いの先生に観てもらった)
で漸く手術の決心をしたら、
ほっぺを血だらけにしたソル君が私の足下に。!!!!
私の仕事中はアトリエの犬部屋(があります)から勝手に出て来る事なんてないのに
いきなり足下をウロウロしているソル君を見つけ、どうしたの?って見たら血だらけ。
ビックリしてわなわな震える体でソル君を抱き上げてダッシュで病院に
どうやら出来物が出来て爆発しちゃって出血した為と判明。
先生には針で組織を採って検査する事を勧められたけど、喉の側だけに危険も多く
麻酔をしなければ無理と聞いてまたまた悩む事に。。。
すでにソルはNYで痛い思いを沢山しているし、それに組織を採っても前の難病だったら
原因も治療法もない訳だし。。。
で、結局またまた抗生物質で様子を見る事に。
そんなバタバタしているうちにコロニータの手術の日がやってきたの。
朝ご飯抜きで病院に連れて行かなきゃならないからソル君もお付き合いしてもらって
二人とも朝ご飯抜き。
か~たん何か忘れていない???と何度も私を見るコロニータの目を避けつつ平静を装いつつ、、、でも私の心の中は泣きたいくらい不安でいっぱい。
そんな気持ちが伝わったのかすっと静かな目になったかと思うと先生に抱かれて診察室を出て行きました。
手術は成功。
取った組織は病理検査に出しました。そうしたら、これがまさかの初期がん
そう。コロニータは乳腺炎ではなく乳がんでした。
幸い、ガンは1カ所(犬は沢山おっぱいがありますから)だけだったので
今後も気をつけて見守って行く事になりました。
一方、ソル君
のどに出来たのはやはり持っている持病『無菌性脂肪繊炎』でした。
これからステロイドと抗生剤で気長に病巣退治をしなければなりません。
過去に沢山のステロイドを投与してきたソル
慎重に最小限しかし効果のあるギリギリの量のステロイドを処方して頂く必要があります。
またまた病気との戦いが始まったのだ。しかも今度はコロニータまで。
そう思うと落込むほど悲しい状況でしたが
この時は2014年の2月
この御、どんどん状況が悪くなってくるなんて、考えても見ていなかったのでした。